ゴーストザリガニの本物偽物騒動に対するK&Gさんの言い訳が意味不明

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ん?

どうやらこちらの記事に対する反論のようです↓

ゴーストザリガニ(Procambarus clarkii var."Ghost")の作り方を大公開します。さらに最後のほ...

なお最初に断っておきますが、当ブログ記事のURLを載せないで自分達のめちゃくちゃな言い分だけ一方的に公開することでザリガニブログはデタラメだと捏造するのはやめていただけませんか?ワラダン密輸マン騒動の時もそうなんですが。こちら

そもそもザリガニパンチさんってイベント仲間との間で「金銭トラブル」を起こして合同出展を解消された過去を持っていたり、「老害発言」でイベントの後輩から愛想尽かされてるような方ですよね。

それはさておき、K&Gさんは当方が見ることができない鍵をかけたアカウント内で疑惑を否定してるんですがいったい何がしたいんでしょうね?みんなの前で疑惑を否定してメンツを保ちたいだけ?

また、JOCAに関してはJOCAというホームページを作成した人物を詐欺だなんて当ブログでは一言も書いておらずむしろ、JOCAのホームページを作成した人物もK&Gさんのサイトの記述には不適切な部分を含むと明言してます。その点に関して当方とJOCAのサイト責任者とは完全に同意見です。

前回の記事の最後に出てきたJOCA(Japan Official Crayfish Alliance)ですがいったいこれ...

せっかくなので次回の記事でJOCA管理者とのメールのやりとりを公開しましょうか?こんなデタラメなこと(K&Gブログ)を書いておいて被害者気取りはわらいますよ笑

ゴーストの本物偽物騒動

次にゴーストザリガニの本物偽物騒動に関してK&Gさんがこのように言い訳してますが

K&Gさんは「クリアの血が入ってるゴーストは偽物」だと定義を作ったんです。

したがって本物のゴーストは純血だから本物だと言いたいのであれば「クリア」や「白ヒゲ」などと交配して検証した結果、本物ゴーストなるものにはクリアの血が含まれないという結果を確認できたから「純血」だと発言する必要があります。

当然検証されていらっしゃるんですよね?

まさか「私は純血だと思う。故に純血である」っていうことではないですよね?これでは論理として全く成立しません。しかも「小泉進次郎構文」そのもので笑ってしまいます。

また、思う思わないとかいうあやふやな根拠でゴーストザリガニを本物と偽物に区別して定義づけするのはかなり乱暴だと思います。

ちなみに当方は数々の検証実験を行った結果としてゴーストにはクリアの血が入ってると明言してます。したがってもし当ブログの記事の内容に間違ってる箇所がある「デマだ」とおっしゃりたいのであれば検証結果を公開して反証していただきたいです。

ちなみに「ゴースト」とか「白ヒゲ」とか「クリア」がなんなのかにつきましては

こちらの記事や↓

Twitterでアメリカザリガニの色素変異の解説をツィートしてみました。 せっかくなので作ってみました! アメリ...

こちらの動画が詳しいです↓

WILDには純血などいない

話を戻しましてK&Gさんのこの言い訳ですが↓

WILDのザリガニには純血などいないので(いろいろ混ざってますって。)その後別々に管理していたところでそれは純血とは呼べないですよ。

最近「WILDクリア」というワードをたまに目にします。「WILDクリア」と言われるとなんだかよく分からないけど凄そうって...

また、ゴースト×ゴーストの交配でほぼ100%ゴーストしか産まれないから純血だとか論点のすり替えを行っているようですがそもそもK&Gさんは「クリアザリガニの血が入っているゴーストは偽物」だと定義づけを行ったわけなので本物ゴーストなるものにはクリアの血が入っていないことを証明しないと↓の記事に対する反論にはならないと思いますが??

ゴーストザリガニ(Procambarus clarkii var."Ghost")の作り方を大公開します。さらに最後のほ...

以下、ゴーストザリガニにはクリアの血が標準仕様として入っていると当方が明言している根拠となる検証結果です↓

検証1:ゴースト×クリアの交配実験

大昔にザリガニパンチさんが「ゴーストとクリアを交配すると子供はほぼ100%クリアになるからクリアは優性遺伝だ!」ってブログに書いてました。

それを読んで超初心者だった一時期だけ当方も「そうなんだ」と勘違いしていたことがありますがその後いろいろな検証実験を繰り返して分かったんですがクリアは優性遺伝ではないです。ゴーストとクリアを交配するとF1の子供がほぼ100%クリアになるのは「ゴーストにはクリアの血が標準仕様として入ってるから」です。

遺伝的にはこんな感じ↓

ゴースト:SSCC、クリア:ssCC、白ヒゲ:SScc

要するにゴーストとは白ヒゲとクリアのコンボモルフなんです。そのコンボモルフにクリアを掛けるとF1で白ヒゲの遺伝はヘテロになるため白ヒゲは発現しませんがクリアの遺伝はホモ接合するのでF1はほとんど100%クリアになるという単純な原理です。

ちなみにF2からゴーストもチラホラ産まれるようになります。F2からゴーストがチラホラ産まれるようになるのは白ヒゲ遺伝子がF2からホモ接合するからだと考えるのが自然だと思います。いかがでしょうか?

検証2:白ヒゲ×クリアの交配実験

また、もし仮にゴーストザリガニというものが単純に白ヒゲの白い部分が広がったものであるならば白ヒゲとクリアを交配すると検証1と同じようにF1はほぼ100%クリアにならないとおかしいです。「白ヒゲ≒ゴーストザリガニ」だということはそういうことですよね?

しかしこの検証を行っていただくと分かると思うんですがそうはならないんですよ。

「白ヒゲSScc、クリアssCC」だからでしょう。

検証3:白ヒゲ×ゴーストの交配実験

また、白ヒゲとゴーストが同じものであるならば、白ヒゲとゴーストを交配すると半分くらいはゴーストが産まれないとおかしいです。「白ヒゲ≒ゴーストザリガニ」だということはそういうことですよね?

しかしこの交配で産まれる子供は基本全て白ヒゲになります。ゴーストにはなりません。

「白ヒゲSScc、ゴーストSSCC」だからでしょう。

白ヒゲの白化部分が広がって進化した白ヒゲ

最後にこの写真をお見せしますと「白ヒゲから白化が広がったものがゴーストではない」という当ブログが公開してる事実が決定的に明白になると思いますが

これは白ヒゲザリガニの白化が尻尾のほうにも広がってる個体です。つまり「白ヒゲザリガニの進化バージョン」です。

見ていただくと分かるとおりゴーストザリガニとは全く違いますよね?それなのに白ヒゲを累代して白い部分が広がったのがゴーストザリガニ

なおこの進化バージョンの白ヒゲ表現をBKベースで作れたらかなりすごそうですね。

同腹で同じようなメスもいますのでこの「白ヒゲの白化部分が広がって進化した白ヒゲ」はもう少ししたら流通するようになるかもしれません↓

ちなみに

「白ヒゲの白化部分が広がって進化した白ヒゲ」であり

「白ヒゲの白化部分が広がって白ヒゲがゴーストに進化したもの」ではないです。

スポンサーリンク