騒動を引き起こして自分達の一方的な意見を主張したい連中がいる

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

Twitterを見てると「ザリガニ界隈はいつも喧嘩してる」みたいなことを言ってる方をたまに見かけます。確かに事情を分かっていない他の生き物飼育者の方からすると「喧嘩してる」ように見えるのかもしれませんね。

しかし実際にはザリガニ界隈で意見を二分するようなバトルなどこれまでに発生したことすらありません。その他にもいろいろと誤解があるようですのでこの際ですのでまとめます。

定期的に発生する「騒動らしきもの」の正体

ザリガニ界隈では「騒動らしきもの」が定期的に発生します。

「またなの?」みたいに感じてる方がかなり多いと思いますがあれがいったいなんなのかを簡単にご説明しますと、

  • 当ブログが記事にまとめて問題提起した内容に「不満」を持つ連中がいて
  • ちなみに不満であって反論ではない
  • そういった連中が自分達の一方的な意見を主張するために騒動を引き起こしてるだけ
  • また被害者ぶって同情を集めることで囲い(信者)を増やしたい
  • 議論では勝てないから多数決勝負に持ち込もうとしてる

やってることはかなり姑息ですよ笑

最近書いた↓の2件の記事の件がまさにそれです。過去の騒動も全部それ。

ん? どうやらこちらの記事に対する反論のようです↓ なお最初に断っておきますが、当ブログ記事...
なんだかよく分からないんですが、ワラダン密輸マンエビガニは密輸なんてしてない。輸入したワラダンは正規輸入だと思い込んでる...

当ブログが記事を書くと騒動らしきものは即鎮火する

なお、定期的に発生する「騒動らしきもの」に関して毎回共通してるのは当ブログが記事を書いて反論すると「即鎮火」することです。それ以上もう誰も何もいってこないです。

上の2件の記事の件でもぎゃあぎゃあ騒いでた連中がたくさんいましたが当ブログが記事を公開したとたん、即みんな黙っちゃいましたよね。

つまりバトルなんて起こっていないんです。政治の世界で野党とその支持者が「桜を見る会」とか「モリカケ」とかで勝手に盛り上がってぎゃあぎゃあ騒いでるのと同じ。騒動らしきものを自演することで論争が行われていると国民(周りの人達)に錯覚させてるだけ。

Twitterはとても便利ですしとても面白いですが他人を洗脳するためのツールとして悪意をもって利用してる方がいます。 ...

Twitterをやってるザリガニ飼育者はごく一部

次にかなり誤解してる方が多いと思うんですが、Twitterをやってるザリガニ飼育者は全ザリガニ飼育者のごく少数です。当方の感覚ですと0.01%以下なんじゃないでしょうか。

ちょっとしたおもしろい具体例をあげますとTwitterアカウントを開設してるザリガニ飼育者は爬虫類飼育者より圧倒的に少ないですよね?しかしそれってかなりおかしいと思いませんか?

なぜなら全国の爬虫類飼育者の数よりザリガニ飼育者の数のほうが少ないわけがありません。

ザリガニってホームセンターで販売されてるような生き物ですしそもそもお金をだしてザリガニを購入しなくても川などで捕まえたザリガニも十分に可愛いですしカッコイイので捕まえたザリガニを飼育してる方もかなり多いです。

当ブログは大多数のザリガニ飼育者に支持されている

しかしTwitterを見てる限り数10人程度しかいない当ブログのアンチがかなり声高に叫んでいるためなんだかそういったアンチの意見が支配的であるかのように錯覚してしまいます。しかし現実には圧倒的大多数のザリガニ飼育者が当ブログを支持しています。

ヤフオクでも毎週のように応援メッセージをいただきますよ。

世間一般の大多数の人が自民党を支持してますがわざわざ自民党を支持してるアピールなんてしないじゃないですか。逆にただの少数意見に過ぎない「反安倍」の人達ほどキチガイレベルに声高に叫んで暴れてるじゃないですか。それと全く同じ。

だいたい科学的根拠をしっかり明示して事象を論理的にかなり分かりやすく整理して書かれている当ブログの記事を読んで支持しない人なんて普通いませんよ。

いるとしたら「頭のおかしなアンチ」「そういったアンチの発言に惑わされてる人」だけです。じゃなかったら毎日アクセス者数が平均して600~1000人も行きませんって。

長くなりましたので別記事に続きます。

前回の記事の続きです。 長かったので記事を分割しました。 大多数のザリガニ飼育者は常識人で温厚 ...
スポンサーリンク