抱卵したザリガニメスの管理方法

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

たまに質問をいただきますが今回は「抱卵したザリガニメスの管理方法」について解説します。保存版です。なお、ザリガニ界隈では古くから次のような根強い噂があります。

  • 抱卵したメスは餌を食べない
  • 抱卵したメスには餌を与えないで「餌切り」するべき

それに対して当ブログによる観察と検証により、次のような事実が判明しました。

  • 抱卵したメスも実は餌を食べる
  • 抱卵したメスに餌を与えないと食卵のリスクがある
抱卵中のメスも餌を食べる。欲求の優先順位が変わるだけ
一般的に抱卵中のザリガニのメスは餌を食べないと言われています。実際、抱卵中のメスに餌を与えてもすぐには食べないですし餌を欲しがる素振り(餌クレ)はしません。
抱卵中のメスザリガニに餌を与えないと食卵する
この記事は2018年10月に公開したものですが未だによく分からないことを言ってる方がいたのでせっかくなので読みやすく少し修正して再公開します。 またまた面

結果として現在は抱卵したメスにも餌を与える方が圧倒的に増えてきているのが現状ではないでしょうか。

抱卵後孵化までの期間は基本30日

前置きが長くなりました。

抱卵した卵の管理方法ですが、ザリガニの卵は通常、抱卵後約30日くらいで孵化します。

【観測史上最短】ザリガニの最短繁殖記録
ザリガニのペアリングからちょうど30日後に繁殖子離れ成功という当方基準で観測史上最短のザリガニ繁殖記録を達成しました。 ホワイトアレニー×ブルーアレニ

低水温だと孵化期間が長くなる

なお、孵化期間は一概に30日とはいえず厳密には水温とかなり対応しています。水温が高いと孵化までの期間は短くなり、逆に水温が低いと孵化までの期間が長くなります。

↓の記事でも紹介してますが抱卵までの期間が2か月くらい掛かったという事例があったようです。当方の経験上でも実際そんな感じです。

ブルーザリガニ繁殖日記vol.6 卵が孵化しました!
前回の記事の続きです。 ブルーザリガニ繁殖日記 1/10に抱卵したブルーザリガニの卵ですがおととい2/16くらいに孵化しました! そし

したがって目安として水温が15度を下回る場合には母体の体力という面からも加温してあげたほうがよいです。なお加温とはいっても26度とかまで加温する必要はなく20度前後で十分なためエヴァリス プリセットオートヒーター 10wのような1個千円もしないヒーターで十分です。

こちらの記事あたりも参考になるかも↓

ザリガニは全ての種類で無加温飼育が可能。おそらく屋外飼育も。
ドワーフザリガニやバスキューザの飼育で冬場加温したほうがよいですか?というような質問を最近よくいただきます。そこでこの記事を書くことにしました。

高水温の場合には餌をあげないと繁殖に成功しない

なお、当ブログでは抱卵したメスのザリガニであっても食べ残さない程度に様子を見つつ餌をあげることを推奨していますがザリガニは非常に繁殖力が強いため夏場以外は別に餌をあげなくても繁殖に失敗することはないです。繰り返します。夏場以外は餌をあげてもあげなくてもそんなに大差ないです。

しかし、水温が30度近くなるような夏場には抱卵したメスにも餌を与えないと繁殖に成功しません。ほとんど食卵してしまいます。これは2年間かけて当方が実際に検証した結果です。

ソイルを敷いてると良いはず

レッドビーシュリンプなどのシュリンプの繁殖ではソイルを敷くのが鉄則です。そしてシュリンプとザリガニはどちらも同じ甲殻類で生態などがとても近い生き物です。

当ブログでは管理面からザリガニの飼育に際しては大磯などの砂利を推奨してますが(実際それで全く問題なく飼育繁殖可能)そもそも自然界のザリガニが生息する場所は通常「湿地帯」です。要は泥地ですね。

そしてこの泥にはいろんなミネラルなどの養分が含まれていたり水質も弱酸性でかなり安定しています。

したがって繁殖成功率を考えた場合にはザリガニのメスはソイルを敷いた水槽で飼育してその環境で抱卵させたほうが繁殖成功率は格段とあがるはずです。特にBKG(青白ゴースト)などのような改良が進んでいるものに関しては特に。

これは卵生メダカの繁殖で使われる長繊維ピートですが、ザリガニ飼育でもいろんな使い道があると思います。こういうものが部分的に堆積してるような場所が北米種ザリガニの本来の生息地です。ほぼ腐葉土と同じようなものですが腐葉土のようにドロドロではない分使いやすいかと。

抱卵するのは大潮の日が多い

そういえばザリガニが抱卵するのは大潮の日が多いです。

ザリガニメスが抱卵するのは大潮の日(満月・新月)が多い
ザリガニのメスが抱卵するのは大潮の日が多いです。ペアリングを済ませたメスを毎日観察しているとだいたい大潮の日に抱卵します。あくまで当方の飼育環境下での統計ですが

母ザリと子供を離すタイミング

母ザリと子供を離すタイミングとしては、稚ザリを多く残したい場合には少しでも早く母ザリを稚ザリ達を分けたほうがよいです。母ザリはお腹が空けば稚ザリをどんどん食べます。

詳しくはこちら↓

稚ザリを母ザリから離すタイミング~母ザリは脱皮したら性格が豹変するのではない
稚ザリを母ザリから離すタイミングについてまとめてみます。 なおこの記事は2018年1月に公開した記事を読みやすく編集したものになります。 当方が

せっかくなので母ザリと稚ザリ10匹ほどを一緒にしておく検証をしてみたところ丸一日で稚ザリが結構食べられていました↓

抱卵後しばらくするとメスは脱皮する

ここからはオマケでナイトメア界隈ネタです。気に障る方は読まないほうがよろしいかと。

ザリガニのメスの脱皮のタイミングには決まった周期があり、通常抱卵したメスは子育てが終わったくらいに必ず脱皮します。

しかし中には抱卵中に脱皮してしまう個体もいるようです。なお、抱卵中にメスが脱皮してしまうのを「餌をあげたことが原因だ」とろくに検証しないで決めつけてる人がいますが

それがこのツィートの画像ですが↓

餌を与えたことが直接の原因ではなく、前述のとおり「冬場水温が低くて孵化までの期間が長かったので孵化までもたずに脱皮してしまった」可能性のほうが高いのでは?

そもそもザリガニのメスが抱卵後子育てが完了したあたりで脱皮する理由が何故なのかはいまだによく分かっていません。もし仮に抱卵後50日くらいで脱皮するというメカニズムになっているならば、冬場水温が低下して孵化までの期間が60日以上掛かる場合には抱卵中に脱皮してしまう可能性大です。その場合餌とは無関係です。

抱卵したメスが脱皮しないで連続抱卵する例がある?

あとこれ↓

この発言の経緯に関しては先日のこちらの記事で書きましたのでそちらもぜひご覧いただくとして、「抱卵後脱皮しないで連続抱卵した」と本人は主張しているようです。しかしそもそもこれ本当かどうか不明です。

むしろ、脱皮したのを気づかなかっただけの可能性のほうが高いのでは?なぜなら

  • 抱卵中餌切りしてるらしい
  • 当然抱卵する以前から餌は食べていない
  • となると脱皮してもほとんどサイズアップしない
  • そもそも人間がザリガニの脱皮の瞬間に遭遇することは結構まれ

つまり、脱皮の瞬間を見てなくてサイズアップもしてない、脱皮殻も見かけなかったということから脱皮しないで連続抱卵したと思い込んでるだけの可能性。。。

スポンサーリンク