最も簡単なゾウリムシの培養方法とゾウリムシを使用する際の注意点

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

以前適当に書いたこちらの記事数千アクセスくらいあり地味に結構人気です↓

メダカ飼育にクロレラは有効ではない&生クロレラのおすすめ販売サイト
以前書いたこちらの記事、結構アクセス者数が多いようですので読みやすく少し修正して再公開してみました。 メダカ飼育にクロレラは有効ではない メダカ飼育

せっかくなので関連記事ということで「ゾウリムシ」に関する記事も書いてみます。

wiki

ちなみにゾウリムシはインフゾリアと呼ばれる水中微生物の一種です。

屋内水槽を管理してると勝手に沸くものですし屋外にレタスを煮出した水などをいれたバケツを放置しておいても自然と沸くものです。したがってゾウリムシはヤフオクなどで販売されてますがわざわざ購入する必要はないと思います。そだてーるの出品などで詐欺まがいなことをしていた和香めだかっていう人がゾウリムシを大量出品してるようですし。

なお、ゾウリムシは熱帯魚のブリードでよく使われますが、本来は水槽内で誕生した稚魚が水槽内に自然に沸いたインフゾリア(ゾウリムシ)を食べて餌にするものです。しかし大量に稚魚を孵化させる場合には人為的にゾウリムシなどのインフゾリアを添加しないと稚魚たちは餌不足となり育ちません。したがって熱帯魚ブリーダーはゾウリムシを使います。

しかしメダカの稚魚に関してはヨークサックが萎むころには普通に人工飼料(そだてーるS)を食べられますので大量にメダカを繁殖させてるような方以外の一般の人がゾウリムシなどのインフゾリアを使う必要は全くないと思ってます。

一般的なゾウリムシの培養方法

それはさておき、広くメダカ界隈ではメダカの稚魚の初期飼料としてゾウリムシが使われています。したがって培養方法に関してもいろんな方が紹介などされてます。

そしてゾウリムシの培養方法としては

が一般的です。一応動画を貼っておきますか↓

最も簡単なゾウリムシの培養方法

しかしもっと簡単にしかももっと安定的にゾウリムシを培養する方法があります。

それがPSBなどのバクテリア(微生物、細菌類)使う方法です。

といいますかゾウリムシは菌類酵母を餌とします。wikipediaにもそのように書いてあります。したがってカルキを抜いた水道水にPSBを少しだけ投入したもので簡単にゾウリムシを培養することが可能です。

入れる量はほんの少しで大丈夫です。うっすら色が変わる程度。

容器内のバクテリアとゾウリムシのバランスが安定するとその後数ヶ月間容器を放置したままでもゾウリムシを維持できます。

無茶苦茶簡単に培養することができますし長期間放置してても水が腐ることもないですしなぜみんなこの方法を使わないのかと疑問に思うくらい素晴らしいと思います。

ちなみにPSBと呼ばれるバクテリア剤はいろんなものが市販されてます。

さらにヤフオクなどでは自家製のPSBなども販売されてます。

しかし正直どれ使ってもいいと思います。細菌類などの微生物をゾウリムシに食わせたいだけですので。

えひめAI

今回は詳しく触れませんが前述したようなPSBではなくえひめAIっていうものもゾウリムシの培養に使えるはずです。

ちなみに「えひめAI」は愛媛県が開発した環境浄化微生物(要するにバクテリア)です。

しかも作成方法がweb上で無料で一般公開されてます。ちなみにこちらこちら

なお、これは愛媛県の善意により無料で一般公開されているものなんですがこれを作成して販売してる人もいるようでよね。以前ヤフオクで購入した自家製PSBはえひめAIだったのではといまだに思ってます。許可とってないならいろいろとアウトなはずですがそれはさておき。

ゾウリムシを使用する際の注意点

次にゾウリムシを実際に稚魚の餌として使用する際の注意点です。

ゾウリムシを使う場合には米のとぎ汁などで培養したゾウリムシをその米のとぎ汁などの培養水ごと水槽に投入する方がほとんどだと思いますが

たとえばこちらの動画↓

米のとぎ汁やエビオス錠を水に溶かした培養水ってゾウリムシがどんどん増殖するくらいですから水が富栄養化していてかなり汚れてます。水槽内に残り餌が発生してるのと同じ状態で調べてみたところアンモニアが発生している状況です。

つまりそれをそのまま毎日水槽に投入してたら水を汚しませんか?

長くなったので続きます↓

スポンサーリンク

『最も簡単なゾウリムシの培養方法とゾウリムシを使用する際の注意点』へのコメント

  1. 名前:あぶ! 投稿日:2020/05/15(金) 22:33:02 ID:71b6672e6 返信

    こんばんは!はじめまして!あぶ!と申しますm(_ _)m
    ドワーフザリガニを飼育したく思い、飼育情報を検索しているウチにこちらのブログを見つけ、色々記事を拝見させて頂いているウチにすっかりファンとなってしまった者です笑
    飼育情報だけでなく、業界の裏話なども時間を忘れて読み耽ってしまったほどです
    以前カメレオンを飼育していた事がありますが、そういえばあちらも色々ブラックな噂の多い業界だったなぁ・・とか・・・

    前置きが長くなりましたがメキシカンドワーフについて質問させて下さい
    現在水量3リットルほどの小型プラケにてフィルター、エアレ無しで2匹を飼育中です
    過去のザリラムズさんのブログ記事を見て小型ザリガニで数抑え目、水深浅め(5センチほど)水草多目に投入すれば無濾過無エアレでもいけるかと判断しこの環境で飼育開始しましたがやはり息苦しいのか、常時水草によじ登り水面近くにいる状態です

    他の方のブログ記事だといわゆるボトルアクアのような環境で飼育出来てる方もいらっしゃるようですが・・・

    ここはお手軽飼育のような環境は諦め、フィルター、エアレーションを使用するのが一番でしょうか?それとも彼らのような小型ザリガニにら水深5センチでもまだ深いのでしょうか?
    是非ザリラムズさんの見解をお聞かせ頂きたいです

    初心者丸出しの質問でなんだか申し訳ないです・・・

    是非ともお答えお願いいたします

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/16(土) 11:19:28 ID:4042a4142 返信

      あぶ!さん初めまして!

      裏話のほうまで読んでいただきありがとうございます!笑 事実は小説より奇なりといいますが、あの辺のドロドロは昼ドラより真っ黒でドロドロしてますしそんなのが身近なところで起こってると想像するとワクワクしますし傍から見てる分には面白いですよね笑 

      ご本人方々にはもうちょっと食いついてきて頑張って反論して欲しいところなんですがみなさん悪いことをしてる認識があるんでしょう。すぐに黙ってしまうのでつまらないですしなんだか一方的に当ブログが攻めてるような構図になって腑に落ちない部分がありますがそてはさておき、

      現在のエアレなしの飼育環境で全く問題ないと思います。現在ドワーフ(シュフェルディ、スケミッティ)を屋外のプラ船で放置飼育してますがかれこれ半年くらい問題なく飼育できてます。ただ気になるのはCPOは色素変異で少し弱い部分があるのでそのあたりでしょうか。あとその2匹は多分両方ともオスかなと思ったりもします。(繁殖予定がなければそれでよいですが累代しないのでいずれ絶えてしまいます)

      あとは、ザリガニのボトル飼育は問題なく可能です。水深しだいですがザリガニの飼育でエアレをする必要は全くないです。問題なのはバクテリアのほうがうまく定着しないことです。そのためアンモニアが硝酸塩等に分解されるサイクルがボトル内に再現できません。したがって砂利や水を生物濾過が立ち上がってる水槽から流用したり自然のものを拾ってきて使ったりすると多少改善されるかもと思います。

      あとはボトルに水草(浮草)を入れて適度に光にあてるなどすると良いと思います。さらに部屋の換気を十分にして通気性を確保してあげるとさらに良いです。ボトルの横に観葉植物の鉢を置いといてそれが順調に育つ環境がボトルの設置場所として最高です。通気性はかなり重要です。

  2. 名前:あぶ! 投稿日:2020/05/16(土) 13:58:54 ID:0f56abf49 返信

    お返事ありがとうございます!
    うぉぉ・・・有益な情報感謝感激です・・・!
    早速頂いたアドバイス通り色々やってみます!
    ちなみに水深に関してさ彼らのチビっこさを考えてさらに浅くしてみた所、すぐにちょこまかプラケ内を探検しはじめました笑
    アドバイスでも通気性とあるようにやはり酸欠気味だったのかなぁ・・と
    それにしてもちっこいくせにいっちょまえにザリガニのカッコしてちょこまか動き回ったてなんとも可愛らしいですねこの子たち笑
    この子らを知ったのも半ばザリラムズさんのブログを見て知ったようなものなので本当にそのあたりも含めてありがとうございます!

    水槽内のバクテリアに関してはおっしゃる通りまだ定着は出来ていないように見受けられます
    飼育水はすでに安定している熱帯魚水槽のモノを使いましたが低床材や水草なんかは余り物の新品ですので、環境の不安定さも要因の一つだったようですね・・・
    それより一番ビックリしたのが・・なんで両方ともオスだとわかったんでしょうか・・・?!笑いやかなり驚きました笑
    おっしゃる通り両方ともオスとして売られていた個体を購入しました!まさか私の足りてないにも程があるコメント内の彼らの行動からオスだと見抜かれた・・ということでしょうか?
    いやはや・・やはりブリーダーさん恐るべし、です笑
    ザリガニというのはオスとメスで行動にも違いがあるものなのでしょうか?
    近くメスもお迎えしてみたいなと思っています
    ちなみになんですが、ブログの過去記事を見るとかなり多頭飼育されていますが、私の環境ですとあと何匹くらいは導入できるでしょうか?隠れ家になる物は多目に入れてはあるのですが・・・

    業界の裏に関してはおっしゃる通り、不謹慎ではありますがワクワクしますね笑
    過去記事でも仰られてましたが悪どい事してても有益な情報を発信し、ザリガニに対する愛情があるような方でしたら100歩譲って許せてもそれすらなく、ただ喚いてるだけの方というのは・・・無責任な言い方かもしれませんがザリラムズさんには諦めず戦って頂きたいと思っています!
    ハチクラの件などもカメレオン飼育時代には何度かお世話になりましたがそこまでやられちゃ見過ごせない・・って事もありますからねらね・・・

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/17(日) 00:54:29 ID:84accbd04 返信

      ドワーフは普通に飼育してるとオスばかりになりがちです。最初から両方オスということで販売されていたものを購入したのであれば問題ないですがそのあたりあいまいにして販売されていたのを購入した結果両方オスということでしたら自分の感覚としてはかなり酷いなとは思います。

      ザリガニはオスメスで結構差があります。オスのほうが警戒心が強く、メスのほうが食に対して貪欲ってのが一番分かりやすいところですが。

      多少悪いことをやってても有益な情報を発信してるなら多少許せるってのはまさにそのとおりだと思います。ほんとそれです。

  3. 名前:あぶ! 投稿日:2020/05/17(日) 08:10:10 ID:14ab21a68 返信

    購入したのはト◯ピランドですが、明確にオスメス分けて販売してる訳ではなく、聞いたら教えて貰える・・って感じでした笑

    確かに警戒心強いです!色々警戒して歩きまわってる感じですね!

    最後にもう一つ教えて頂きたいのですが、現在流通している4種のドワーフに関して、ザリラムズさんの感想を教えて頂きたいです
    この種は飼いやすい飼いにくい、臆病だ、強い弱い、などです

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/17(日) 09:18:21 ID:84accbd04 返信

      CPOは少し飼いにくいですがそれ以外はすべて飼いやすいと思います。殖えやすいのは圧倒的にシュフェルディでスケミッティ、テクサナスは繁殖力が落ちます。
      この3種は屋外越冬も可能ですし強いと思います。

  4. 名前:あぶ! 投稿日:2020/05/17(日) 12:09:52 ID:14ab21a68 返信

    参考になる貴重なアドバイスありがとうございます!

    現状ウチの子たちも徐々に環境に慣れてくれたのか、餌もかなり食べるようになり、それぞれお気に入りの隠れ家を見つけたようでそこを中心にした生活をするようになりました
    また特にケンカする事もなくお互い平和です笑

    またわからない事や気になる記事があったらコメントさせて頂く事もあるかもしれませんがその時はよろしくお願いします!

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/17(日) 19:00:13 ID:84accbd04 返信

      甲殻類は全般的に環境に適応すると落ち着きますよね。
      また何かございましたら気軽にコメントください!

  5. 名前:Moto 投稿日:2020/06/19(金) 01:55:30 ID:00bac8ba7 返信

    ここのブログすごいな。専門的で自分の知ってる情報をひっくりかえしたりアップグレードしてくれる。あんがと

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/06/19(金) 10:50:34 ID:b9ecf2ca3 返信

      Motoさんはじめまして!

      お褒めの言葉ありがとうございます。一般的に〇〇だと言われてることを一切信用しないで1から全部自分自身で調べたり検証した事実のみを積み上げていろいろやってますが色々発見があって面白いです。世の中デマが多すぎますし闇が深いです。

      そもそもゾウリムシを一般人が使う必要なんて全くないですし人工飼料だけで十分ですしゾウリムシなんかを使うとするから稚魚が落ちるんじゃないですかねと思います。