函館周辺に生息するエゾヒキガエルは国内外来種ではない可能性

北海道に生息するエゾヒキガエルアズマヒキガエル国内外来種だとされています。

引用元

しかしそのエゾヒキガエルの歴史について調べていくと「函館周辺に生息しているエゾヒキガエル(アズマヒキガエル)の個体群は本当に国内外来種なのか?」疑問に感じてしまいます。その内容について以下のとおりまとめてみました。

エゾヒキガエルには2系統ある

ちなみに北海道に生息するエゾヒキガエル(アズマヒキガエル)には函館周辺に生息する個体群と旭川の石狩川流域に生息する個体群の2系統います。

こちらも詳しいです。

外来種とは

ちなみに外来種とは、

  1. もともとその地域にいなかったのに
  2. 人為的に他の地域から移入してきた生き物のことをいいます。

それに対してエゾヒキガエルはもともと北海道に生息していなかったことは判明しており、さらに1986年頃石狩川流域で放流された記録は残っているものの(つまり石狩川流域の個体群は100%外来種で議論の余地なし)

1912年に函館で発見された個体群に関しては人為的な持ち込みだという記録は一切残されていないです。それなのに函館周辺に生息するエゾヒキガエルまでも外来種だと断定している風潮はかなりおかしくないですか?

追記:エゾヒキガエルが明治初期以前から函館に!?

エゾヒキガエルが最初に函館で発見されたのは1912年だとされていますが、1876年(明治9年)の明治天皇東北御幸の際、函館に立寄りヒキガエルを観察されたという記録があるようです。つまり函館には明治初期以前からエゾヒキガエルが生息していた可能性があるようです。詳細はコメント欄をご覧ください。

エゾヒキガエルは1912年に北海道で発見

時代背景等を順に追って解説しますとまず最初に北海道でエゾヒキガエル(アズマヒキガエル)が発見されたのは今から100年近く前、1912年の明治時代です。

そしてエゾヒキガエル(アズマヒキガエル)が最初に函館で発見された以後エゾヒキガエル(アズマヒキガエル)北海道固有種とされ、その後何十年間にわたり有志の方たちにより保全されていました。

本州に生息するアズマヒキガエルと遺伝的に同一

その後1990年くらい(正確には1981年詳細はコメント欄を参照ください)に北海道に生息するエゾヒキガエルが実は遺伝的にはアズマヒキガエルと同一であることが判明します。線表にするとこんな感じ↓

1986年にアズマヒキガエルが旭川で放流された

なお、最初に北海道でアズマヒキガエル(エゾヒキガエル)が発見されたのは1912年(※)の函館ですが、その後1986年頃に北海道の深川市の住民が埼玉県から持ち込んだ段ボール箱10箱分のアズマヒキガエルを石狩川流域で放流したそうです。

深川市内の動物愛好家が1986年頃に埼玉県からヒキガエルを持ち込んで飼育していましたが,それを神居古潭の親類宅近くの溜池に放逐したというのです(北海道新聞1995年8月21日の記事)

引用元

この放流された個体群が石狩川流域で大繁殖して急速に生息域を拡大したことで結果として2015年に北海道から指定外来種に指定され防除の対象とされるに至ります。

旭川周辺のエゾヒキガエルは間違いなく外来種

なお、石狩川流域に生息するエゾヒキガエルの個体群は1986年の放流が原因であるため100%国内外来種です。これは駆除したほうがよいことは言うまでもありません。

エゾヒキガエルが津軽海峡を自力で渡れた可能性

なお函館周辺に生息するエゾヒキガエルの個体群に関しては津軽海峡を自力で渡ってきた可能性があります。それに関しては別記事にまとめました。

ヒキガエルは両生類だが海水耐性がある
海に生息する両生類はほとんどいないです。全くいないと言っていいかもしれません。 理由としては両生類は海水耐性(塩水

北海道に生息するエゾヒキガエルの歴史

ここまでのところを線表にすると次のとおりです。

旭川市周辺に定着する個体群に関しては前述のとおり100%外来種で間違いないですし生態系等に被害が発生しているならば駆除することは仕方ないと思います。

しかし函館周辺の個体群までまとめて駆除の対象にする必要ってあるんでしょうか?函館周辺の個体群に関しては石狩川流域の個体群とは異なり繁殖地が限られていて保全しないとそのうちいなくなっちゃう可能性もあるような生き物です。

さらに↓のような事実を考えると。。。

  • 函館のエゾヒキガエルと明治天皇とのゆかり
  • 江戸時代からエゾヒキガエルが函館に生息していた可能性
  • 函館周辺のエゾヒキガエルに関して生態系被害は限定的
  • 函館周辺の個体群に関して人為的な移入である記録は残されていない
  • ヒキガエルが自力で津軽海峡を渡れた可能性がある

ヒキガエルは両生類だが海水耐性がある
海に生息する両生類はほとんどいないです。全くいないと言っていいかもしれません。 理由としては両生類は海水耐性(塩水

『函館周辺に生息するエゾヒキガエルは国内外来種ではない可能性』へのコメント

  1. 名前:新井 投稿日:2020/05/22(金) 21:02:10 ID:3d7918d34 返信

    こんばんは、今年、近所の公園でヒキガエルのオタマを連れてきて育ててます。上陸してカエルになりましたが、餌に苦戦してます。
    タイムリーな話題だったのでコメントしてしまいました。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/23(土) 11:59:17 ID:6bcbe17a5 返信

      餌大変そうですね。多分アズマヒキガエルでしょうかね?自分もアズマヒキガエル(エゾヒキガエル)飼育したいと思ってます。

  2. 名前:エゾヒキガエル研究会 投稿日:2020/05/24(日) 00:42:37 ID:21164a110 返信

    こんにちは。
    「外来種を駆除しても開発行為により破壊された自然環境は復活しない」の記事でコメントさせて頂いていたエゾヒキガエル研究会という者です。
    孤立無援の状態で函館のヒキガエル保護を訴え続けていたところ、ザリラムズさんには様々な助言を賜った上、この様な記事まで作成して頂き、感謝の念しかございません。
    差し出がましいことは重々承知の上で、当事者として3点ほど補足させて下さい。(支障等ございましたら削除されて構いません。)

    ①函館で発見された年代
    正規には1912年とされていますが、明治9年(1876年)の明治天皇東北御幸の際、函館に立寄りヒキガエルを観察された、という記録があります。
    このことから、土着時期として最低でも幕末の箱館開港時、可能性としては松前藩の交易地「蝦夷3湊」の1つだった江戸期、或いは和人豪族の拠点「道南12館」の内のウスケシ館が築かれた15世紀まで遡れます。
    いずれにしても函館のヒキガエルに関しては環境省が指定の基準としている「概ね明治以降の移入」には当たらないことは確かです。

    ②遺伝子解析が行われた年代
    1981年です。
    これは私が函館山から採取・飼育していた個体を当時、南北海道自然保護協会理事で高校の生物教諭をしていた父が、広島大学両棲類研究所へ送り解析を依頼したもので、文面も残してあります。
    結果は北東北ではなく関東の個体群との相関がある、というものでした。

    ③固有種の可能性
    ザリラムズさんの渡海説ですが、大胆かつ意表を突いていて大変興味があります。
    しかしながら、両棲類が(流木等に乗ったとしても)この“しょっぱい河”を無事渡るには正直、浸透圧が厳し過ぎるかなと‥
    更に②の結果を言ってしまえばミもフタも無くなってしまうので、敢えて蓋をした上で可能性を考えますと‥
    函館山は所謂トンボロ(陸繋島)という地形で、かつての火山島が砂州で本道と繋がった半島です。
    もし元々全道にヒキガエルが分布していて、「函館島」にもカラスに咥えられる等して運ばれていた。そして本道側のヒキガエル達は何らかの原因で絶滅し、「函館島」で生き残った個体群がトンボロ形成後もひっそり命脈を保ってきた‥
    さすがに都合の良すぎる設定で無理がありますか。

    長々すいません。
    この記事を機に、北海道のヒキガエル問題に興味を持って頂ける方が1人でもいらっしゃると嬉しいです。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/24(日) 23:22:04 ID:441d04e9c 返信

      エゾヒキガエル研究会さん

      お久しぶりです!訂正いただきありがとうございます。なるほどですね、史実とはだいぶ違う部分があるんですね。後ほど訂正させていただきます。

      明治以前の移入の可能性があるという部分ちょっとひっかかりますね。おそらく交易開始ととともに貨物などに紛れてヒキガエルが移入してきた可能性が強そうな印象です。であれば人為的な移入ということになり当記事で問題提起した部分をクリアするのでエゾヒキガエルは外来生物の定義にあてはまります。

      なお、道の条例と外来生物法の規制とは異なるため外来生物法で特定外来生物に指定する対象を明治以後の移入に限ると線引きされているからといって条例も同じように明治以後の移入に限るべきだということにはなりませんが、外来生物法で明治以後の移入と線引きしていることにはいろいろと理由があるはずで、道の条例においてもそのあたり斟酌すべきだとも考えられます。

      いろいろとちょっと難しいと思いますが、明治以前の移入という点から道に対して条例の無効の訴えをするしてそれが認められるのかどうか。条例が覆るような判例があったらいいんですが。それか函館市に対して逆に保護を目的とした条例の制定を働きかける、少し調べてみたところ1/50以上の署名で長に対して直接請求することもできるみたいです。

      ちなみに質問ですが、そもそも函館周辺ではヒキガエルにより生態系等に深刻な被害はでていないのでしょうか?軽く調べてみたところ函館周辺の個体群に関しては産卵場所自体が限られていて防除しないと爆発的に殖えて生態系に深刻な被害を与えるということはないような印象もあります。であればたとえエゾヒキガエルが外来種であろうと防除する必要がそもそもないわけですからこれまでどおりで問題ない気もします。このあたりいかがでしょうか?

  3. 名前:エゾヒキガエル研究会 投稿日:2020/05/27(水) 02:46:00 ID:087e0b3c4 返信

    エゾヒキガエル研究会です。
    ザリラムズさんの渡海説にチャチャを入れてしまう形になり、申し訳ありません。
    また、この様な告発の場をお膳立て頂き、有難うございます。
    私も函館のヒキガエルは北前船などの海運でやって来た、というのが最も有力だと思います。特に江戸後期から幕末にかけて街の形成に伴い、きっとガマの油売なんかも渡来してたでしょうから‥自然保護って歴史・文化・風土的な一面や地域性も加味して考えなきゃならないと思うのですが、外来種駆除一辺倒、原生至上主義の方々はそういう文系的な思考性は持合せてない様な気がします。自分もそんな心得が有る訳ではないのですが。
    少し古い書籍ですが「自然を守るとはどういうことか(1988 守山弘 著)」には、武蔵野の雑木林の様に人の働きかけによって維持されてきた、2次的な自然の保護の必要性が説かれています。

    さて、道の条例に関連し「北海道外来種対策基本方針(2014.3月)」という基準があり、内容的には同時期に策定された環境省の基本方針に準拠しています。よって選定の前提が同様に「明治以降に本道へ導入」された外来種、と明記されてます。
    条例は制定に至るまで、公告や議会承認等の正規な手続きを経ているでしょうから、覆すにはハードルが高すぎます。しかし対象とする種の選定は別途、有識者とか言われる方々のお墨付きで定めるので、まだ改定の余地がありそうです。更に実際の運用となると、各振興局(函館でいえば渡島総合振興局)の裁量でなされる部分もあるかと思われますので、その辺が斬込み処と考えています。

    ご質問のありました、函館でのヒキガエル土着による生態系への影響ですが、駆除団体が主張している次の「罪状」は1つも起こっておりません。
    ①天敵ヤマカガシがいない上、カラスも昼行性のため捕食出来ない。
    →カラスは土中からヒキガエルを穿り毒の皮を剥いて食べている。
    ②アライグマの餌となることでその増殖を助長している。
    →そんな事象もデータもない。無茶振りもいいところ。
    ③蟻を大量に食すため、カタクリの様な種子散布を蟻に依存する春植物への影響が大。
    →蟻の繁殖力を思えばあり得ない。アリクイの様に(白蟻の)巣を襲う訳でないし、そもそも蟻は昼行性で夜行性のヒキガエルと頻繁にバッティングすることもない。
    ④在来種エゾアカガエルがヒキガエルの卵・幼生を食し、毒に当たりこれを絶滅に至らしめる。
    →函館山で両種は産卵池を共有、現在はエゾアカガエルが絶滅どころか遥かに優勢。
    ⑤繁殖力が強く際限なく増殖を繰り広げる。
    →函館山ではごく僅かな一定数、エゾアカガエルと置き変わったに過ぎず、むしろ自然消滅間近の状態。

    函館の街の歩みと共に、毎春繰り返されてきた産卵行動「蛙合戦」は函館山の春の風物詩として認知され、H29に放送されたNHK「Wild Hokkaido!」という番組でもその様な扱いで紹介されています。
    国内外来種アズマヒキガエルの駆除が全道的に波及し、この吹けば飛ぶような函館山の個体群まで手にかからぬ様、当会は観察を継続、調査結果を蓄積し、道庁の環境生活部環境局自然環境課へ函館山個体群の指定解除を求めてゆく所存です。

    長文、失礼致しました。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/05/27(水) 16:10:55 ID:8c86412d0 返信

      文章が長すぎだったりいろいろ論点がぶれていたので記事のほうだいぶ修正いたしました。修正しましたが何かお気づきの点などございましたらご指摘いただけますと幸いです。

      渡海説は可能性としてありうるのではないかと思います。ヒキガエルは他の両生類とは異なり皮膚が厚くあと乾燥にも強いため海水の浸透圧で体液がかなり流れてしまってもある程度耐えられる気がします。実際オオヒキガエルなどは汽水域でも生息できるそうです。これは別記事にまとめてみます。

      実はエゾヒキガエルでそれほど生態系被害は発生していないという点は非常に面白いですね。おそらくこれが現場の実際の意見で事実なんでしょうね。また同時に毒で被害が発生しているのも事実だと思いますが。

      いろんな事実や意見がある中、どの事実が採用されるかは誰かの裁量に過ぎないですし、研究者やその卵は全員が全員真理の追究のために研究をしているわけではなく生活のためであったり自分の名誉のために研究しているというのが現実ですし、むしろ研究者として優秀であるほど採用されやすいストーリーで論文をまとめたほうが自分が豊かになりますし、世の中で広く言われてる意見や学説、論文の類はすべて間違いだとは言いませんが多くが恣意的だったりするものだと思います。歴史などがまさにそれですが。

      コメントで書いてくだっさったエゾヒキガエルの実態についてもっと広く世間の人に知って欲しいですしもっと調べてみたいですね。明治初期から函館に生息してるのにエゾヒキガエルが生態系を破壊する、毒のせいでエゾアカガエルが絶滅するとかちょっといろいろ無理がありすぎます。本当にそこまで強毒ならエゾヒキガエルの生息地ではエゾアカガエルどころかミジンコ一匹生息することが不可能なくらい生態系に壊滅的に被害が発生するはずです。しかしそんなはずないです。

  4. 名前:エゾヒキガエル研究会 投稿日:2020/11/28(土) 12:51:29 ID:030b26e86 返信

    一つ、チャンスが到来しました。
    自分が所属している環境整備系の学会から執筆の依頼があり、しかもテーマはフリー。ページ数に制限があり、また、購読者も特定の人達ではありますが、一応全国誌で出版物として残るものですので、この「外来種いじめ」問題に一石投じたいと思います。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/11/28(土) 14:41:24 ID:7b457918c 返信

      学会誌への執筆依頼ですか!それって相当すごいことなんじゃないですか?!

      そういえばかなり気になっていたのですが、大学卒業後にどこかの学会に所属して(ちなみに現在当方は日本生態学会に所属)学会誌に論文?を書いたら執筆者は研究者扱いになるのでしょうか?

  5. 名前:エゾヒキガエル研究会 投稿日:2020/12/05(土) 15:13:05 ID:ab36753a1 返信

    私の勝手なイメージですが、民間・行政・教育機関を問わず、試験場や研究施設で職務として研究を行っているのがプロの研究者でしょうか。
    ザリラムズさんの場合も業務のスキルとして検証や考察を発信しているとお見受けしますので、これに当たると思います。また教諭や医師なども場合によっては含まさる様な気がします。
    一方、アマチュアの場合は「名乗ったもん勝ち」、つまり自称○○研究家なんてのもアリかと思います。まあ、自分はアマですらない、単なるマニアですが。
    なお、学識経験者とか有識者とかよくいいますが、本当に知識・見識のある方と「権威」のある方は別なのでは。大きな病院や大学など、どこの世界でも偉くなっていくのは「声のデカい人」、つまり自分を大きく見せれる人、発言や論文が上手な人、そんな気がします。もっとも、それが悪いとは思っていません。この「函館山エゾヒキ保全計画」も、まずは学識経験者と呼ばれる方々のオーソライズを一つずつ得ていくところから始めています。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/12/06(日) 15:09:39 ID:f42c983f7 返信

      ちなみにどういった内容でオーソライズを得ていく予定なのでしょうか?

      ちなみにエゾヒキガエルと他のカエル等とが共存できるかできないでいえば出来てますよね。鹿児島の小さな島でもニホンヒキガエルは色んな種類のカエルと共存してます。もちろん被害ゼロではないですが。

      外来種問題ですごくおかしいと感じるのは多少の被害(食うか食われるかが自然の摂理なのでこれを被害と呼ぶことにそもそも疑問を感じますが)を深刻な被害だと煽る集団がいますよね。世間から注目されればそれが名声になる研究者、スクープニュースとして話題にしたいマスコミ、公共事業を受注したい駆除業者やNPO法人というように国などが行う外来種駆除事業は完全に外来種ビジネスになっているのでしょう。

  6. 名前:エゾヒキガエル研究会 投稿日:2020/12/08(火) 19:40:46 ID:713bb64a7 返信

    保全計画と言っても私の妄想でしかありませんが、順にしますと
    ①駆除団体や有識者の意向確認
    ②道担当者への働きかけ(ブルーリスト改定)
    ③地元(函館)での啓発
    ④産卵池の整備・保全
    これを遡って考えますと、③と④を大っぴらに行う為には②の「函館山個体群をブルーリストから除外」してもらう事が必須ですが、専門家でもない者が幾ら働きかけても所詮はマニアのクレームでしかありません。
    その為には①、石狩川水系の駆除団体からの「函館のヒキガエルには手を出さない」という確認、複数の有識者(組織)からの「函館のヒキガエルは除外してもいんでない?」という見解を得て、それをネタに道担当者を動かし改定に向けた有識者会議を開催させる、という目論見です。
    オーソライズなんてイマドキの言葉を使ってしまいましたが要は「お墨付き」、現在ビミョーでして、もう少しでお話しできる状態になると思います。

    ところで、教えて頂きたいのが「外来種ビジネス」についてなのですが、どうも私の認識ではピンと来ず、内地府県ではその様な実態があるのでしょうか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/12/08(火) 23:22:53 ID:3e84ff6fd 返信

      外来種駆除ビジネスという意味です。誤解を招いたようでしたらすみません。

      エゾヒキガエル研究会さんのように歴史を考えると駆除が正しいとは言えないんじゃないかという意見を持つ方や当方のように外来種を駆除することが在来種の保全には直接つながらないんじゃないかという意見を持つ人、ノネコを自腹で保護してる人達はお金目的でそういうこと言ったりやってるわけじゃないです。

      それに対して外来種は積極的に駆除するべきだというような外来種排斥運動の仕掛け人や中心人物の人達は皆職業としてやってるお金目的の人が多いです。WWF、一部の学者、NPO法人