エアレなしのビオトープでザリガニ飼育

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニは屋内水槽屋外のプラケなどで飼う方法が一般的です。しかしそれだけじゃなくエアレなしのビオトープ飼育もけっこういいですよ~というのが今回の記事です。

紹介してるような方法によりエアレなしでベランダでザリガニが飼えます。

ビオトープとは

ちなみに「ビオトープ」とは、簡単に説明しますと水辺の生態系を再現した場所です。自然のもの、人工的なものどちらもビオトープになりうるようです。

なおツィッターではビオトープにはその地域の在来の植物を植えて保全に配慮しろだとかいろいろ適当なことを言ってる方がいますがその地域の在来植物を使ったところでそれが人間の手により運ばれて植えられてる時点で国内外来種ですし在来種の保全にはなってません。

希少種などの「系統の保存」にはなりますがそれだったらその地域のものにこだわる必要は全くありません。いろいろと意味不明です。実際、新宿御苑で全国各地の絶滅危惧植物の系統保全がされていたりします。

系統保存に関して詳しく知りたい方は環境省自然環境局が公開してる↓のPDFが詳しいです。

ザリガニのビオトープ飼育の一例

さてここからが本題となりますが、厳密な意味でこれがビオトープだと言えるのかわかりませんが(そもそもこれはビオトープを意識しているわけではない)2019年の夏に当方が行ったザリガニのビオトープ飼育をご紹介しますとこんな感じでした↓

結構よくないですか?餌はほぼあげてません。基本放置です。エアレもしてません。

なお、この写真をよく見ていただきますと分かると思いますがいろいろと工夫があります。

パッと見て3点くらい気付いた方がいらっしゃいましたら素晴らしいです。

ザリガニのビオトープ飼育のコツ

さっそく種明かししますがザリガニのビオトープ飼育のコツとしてはこんな感じです↓

  1. 鳥除けネットを沈めて足場を増やす
  2. 赤玉土をいれてバクテリアの定着を図る
  3. 落ち葉のブラックウォーターで水質の安定を図ると同時に紫外線対策
  4. 水質悪化防止のため人工飼料はあまりあげない
  5. 餌は基本的に落ち葉と浮草と共食いのみ

1は多分みなさん気付くと思います。2は上の画像を見ただけですと分かりづらいかもしれませんがメダカのビオトープなどで赤玉土を入れることは定番的に行われてることでザリガニも同じです。

3の落ち葉によるブラックウォーターはザリガニ飼育ならではだと思います。これまで何回も当ブログではザリガニ飼育における落ち葉投入の利点について書いてきましたが落ち葉は絶対入れた方がいいです。特に屋外飼育では。

ザリガニは水底の堆積物を食べるデトリタス食性があり腐葉土もよく食べる
当ブログでこれまでに何回も記事に書いてきましたので結構周知されてきたのではないかと思いますがザリガニには「デトリタス食性」というデトリタスを食べる性質があります

ザリガニのビオトープ飼育でエアレは不要

ザリガニをビオトープ飼育する場合にはエアレをしたほうが良いことはいうまでもないですがエアレはなくても問題はないです。水替えもしません。

なおその場合には上記5点について注意していただくとよいです。人工飼料を与えて食べ残しが発生するとエアレしてない場合にはそれが腐って水質を汚してザリガニが死んだりとかいろいろありますので。

ビオトープ飼育には赤系のザリガニがおすすめ

なお、アメリカザリガニには豊富なカラーバリエーションがありますが

夏休みの自由研究におすすめ。アメザリのカラーバリエーション
アメリカザリガニというと一般の方は赤いものをイメージされると思いますが photo credit: USFWS - Pacific Region

ザリガニをビオトープ飼育する場合には水草の緑との対比で赤系のザリガニがとてもよく映えるため赤系のザリガニがおすすめです。こういうものとか↓

【送料198円】アメリカザリガニの色素変異 スー... - ヤフオク!
「スーパーレッド稚ザリ」商品紹介 ★スーパーレッドザリガニの稚ザリ10匹です ★サイズは1センチくらいです ★ちゃんとしたスーパーレッドの血統です ★他にも出品してますのでゆうぱっく着払い発送で同梱がおすすめです 今回出品するのはスーパーレッドザリガニの稚ザリです。以前ヤフオクでスーパーレッドザリガニを落札した際には

なお、白ザリやゴーストザリガニはメラニン色素が欠乏しているアルビノでして白い部分に直射日光が当たるとバーンスポットになりやすいです。

ザリガニのバーンスポットは外骨格の老化・劣化
すごくうれしいことがあったのでザリガニ飼育に役に立つTIPとしてザリガニのバーンスポット対策について書いてみます。何がうれしかったのかは記事の一番最後で書いてま

日陰を作るなど工夫をすれば白系のザリガニでもビオトープ飼育は問題ないですが最初は白系のザリガニのビオトープ飼育は控えた方がよいかなと思います。

ザリガニビオトープでも植物を植えられる

なお、当方のなんちゃってザリガニビオトープでは植物は浮草(アマゾンドワーフ)だけでしたが

もっといろいろな植物を入れると風情がでてなお良いです。2020年ver.はもう少し進化したものにチャレンジする予定です。みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?もしチャレンジされた方がいましたらコメント欄から画像投稿できますので画像投稿していただけますと嬉しいです。

そういえば巷では「ザリガニは植物を全て刈り取って食べてしまう」などといわれているようですがそんなことはないです。この点に関して詳しくは別記事でまとめます。

したがってザリガニビオトープでもいろんな水草を入れて楽しむことができます。例えばこんなもの↓

十和田アシ(これはすごくよい)

スイレン

※なお、植物を植える際にはザリガニの脱走の足場にならないよう配慮する必要があります。

ザリガニはボウフラ対策になる

これまた巷では「ザリガニがいる水域ではボウフラが増える」などというようなことが言われているようですがザリガニはボウフラを食べるためボウフラ対策になります。

なぜボウフラを食べるのがトンボのヤゴだけってことになってるんでしょうかね。ザリガニも食べますが?この辺りに関しても詳しくは別記事にまとめます。

また、もし庭に空きバケツなどが放置されているようでしたらそこにザリガニを何匹か投入しておくだけでボウフラ対策になりますしさらにそこに浮草を少し浮かべたりするだけでも簡易的なビオトープっぽいものができあがります。そこにトンボが卵産んだりするかもしれませんし川でとってきたドジョウのようなものを入れてみても楽しいかもしれませんね。

ザリガニ飼育はこうするべき!とかこうあるべき!とかそういった固定概念を取っ払っていろいろな飼育環境でザリガニを飼育してみると新しい発見があって楽しいですよ。もしかしたら失敗してザリガニが死んじゃうかもしれませんが。

しかし失敗を恐れずいろいろチャレンジしないことには何も発見はないですし飼育スキルも向上しません。

ザリガニ界隈には「〇〇だと言われてる」っていう類の情報が非常に多いですがそういうの、ほとんど誰も実際に検証したわけではないただのデタラメがほとんどですし信用しないほうがいいですよ?

スポンサーリンク

『エアレなしのビオトープでザリガニ飼育』へのコメント

  1. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/05(日) 00:47:51 ID:cb9eb2193 返信

    こんばんは!あぶです!
    今回の記事も面白いですね・・・なんというかラムズさんの記事の内容って、ザリガニ以外にも応用出来そうなヒントみたいなものが記事の中に散りばめられてて面白いだけじゃなく、為にもなるので基本毎日見て勉強させて頂いてます・・・笑
    近々また業界の闇記事あたりもお願いしたいかな・・と笑

    まずは軽く報告からなのですが、以前話したクリアザリガニが採れると噂の職場近くの公園ですが、クリアザリガニ、確かに確認出来ました
    一緒に行ったアクア仲間の同僚がガサガサで捕まえましたが、採れたザリ見た限り、誰かが放した説が濃厚かも知れません
    確かにやたら綺麗なブルー系のクリアザリガニのヤング?サイズでしたから
    それと前回話題に出した休眠ワムシですが、使ってみました!
    ですがすみません!!ハッキリ言います!
    小さすぎて食ってんだか食ってないんだかさっぱりわかりません!!笑
    ・・・親離れしたばかりのサイズなら食べるかな・・・?くらいの感じですかね・・・
    報告以上!!笑
    役に立たなくてすみません笑

    先日産まれたシュフェルディの稚ザリ達は順調に育ってまして、サイズ差こそあれ、もっとも大きい子はすでに親の半分近い大きさになってます!
    成長早いんですねこいつら・・・歩留まりもかなりのモノですし、マジでミナミヌマエビレベルに簡単な気さえしてきました・・・
    ただですね・・・正直彼らの繁殖力の強さに若干驚愕してまして・・・
    2匹いるメスの内、1匹は子離れ直後に脱落?食卵?してしまいましたが抱卵しまして(2回くらいして気がします・・)つい先ほど交尾してました・・・笑
    そしてもう1匹のメスですが子離れ直後から姿が見えず、死んだかと思っていたのですが昨日生存を確認したんですがこいつも抱卵してるんですよね笑
    しかも卵の色が若干変わり始めてます・・
    確かにこのままなら心配しなくてもすぐにうじゃうじゃ増えますよとラムズさんが仰る通りになりそうで非常に嬉しいんですが、ザリガニと言うヤツは他の種でも連続でバンバン抱卵するくらい繁殖力が強いのでしょうか?それともシュフェルディだけ?
    水槽も10ℓ程度の小型水槽ですし、このままだと近い内水槽サイズアップかなとちょっと心配だったりします・・笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/05(日) 01:37:43 ID:154bbc36b 返信

      記事の内容が好評なようでとてもうれしいです!

      ザリガニ村の闇のリクエストですか!笑笑

      いろいろネタは豊富なんですが(いろいろと香ばしい界隈ですので)現在結構多忙につき必要最低限の記事しか書けていないのが現状です。もうしばらくお待ちください。昔の記事を読み返していただくと結構面白いと思います。

      佐倉ザリガニ研究所のワイルドザリガニの産地について
      佐倉ザリガニ研究所という個人のおじいちゃんが運営しているザリガニ関連のホームページにWILDザリガニの産地がまとめられています。当方も昔から利用してましてWIL

      本日たまたまこの記事を読み返してみたのですが結構面白かったです。

      そういえばそのクリアザリガニですが、ぜひちょっとお譲りいただきたいです。ある程度累代されていたようなクリアザリガニをちょうど今探していまして。後ほどメールを送らせていただきます。

      繁殖力に関してはお気づきのとおりシュフェルディはかなりすさまじいものがあると思います。ミナミヌマエビと同等レベルなのではと思います。連続して抱卵してるようですがドワーフザリガニは連続抱卵するようなことは聞いてます。シュフェルディだけなのか他の種類もそうなのかは分かりません。アメリカザリガニなどの通常のザリガニの場合には最多でも年2回程度となります。

  2. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/05(日) 09:55:58 ID:00676d022 返信

    今ちょうど業界の闇記事を読み直していました笑
    ドワーフザリガニの記事そっちのけで笑

    あちゃ!クリアザリガニ御所望でしたか!
    すみません!そのクリアザリガニは一緒に行ったアクア仲間の息子さんにお持ち帰りされてしまいまして・・・笑
    元々私はこれ以上は水槽増やせないので確認だけのつもりで持ち帰る予定ではなかったので・・・お役に立てず申し訳ないです
    ちなみに場所は武蔵村山です!
    ・・それとなんですが町田のリス園そばの名前忘れましたがハス田?のある公園があるんですがそこに行った時にザリガニ採りに来ていた小学生がやはりクリアザリガニと思われる青みがかった透明っぽいザリガニを捕まえていましたし、多摩川の河川敷の湧き水の泉とか、ジャリ穴のようなところにもたまにいたりするみたいです
    それと場所的に言えば調布の野川公園か、深大寺植物園になるかと思いますが、私が小学生の頃の話ではありますがニホンザリガニがいました
    これはそれ専用に管理している場所が園内か公園内に確かあり、そこから逃げたものだと聞いてはいましたが現在でもいるかは不明です・・・

    ドワーフは寿命もアメザリに比べれば短いようですし、小型ゆえに天敵も大型種より多いでしょうから繁殖力が強いのはそのせいもあるのでしょうね
    以前の記事でドワーフザリガニはアメリカでは道路脇の側溝にもいると書かれてましたが、環境適応力の高さと性質の大人しさもこれとイコールなのかなと思いました
    天敵多いからとにかく増やす!無駄に減らさないためにケンカしない!どこでも住めるように身体を強く!みたいに笑
    日本ではミナミヌマエビが収まっているニッチにアメリカでは彼らが収まっているのかなぁと思ったりしました

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/06(月) 23:13:11 ID:b4de04dda 返信

      まじですか!いろいろちょっと濃厚な情報しすぎて承認するかどうか悩みました。

      世間一般的にアメリカザリガニは凶暴なイメージが定着しているかと思いますが実際はかなり温厚です。凶暴性でいえばアレニー(フロリダブルー)のほうが凶暴ですしさらにスピクリファーとかも爪の先がやばいことになっててアメザリに挟まれるよりはるかに致命的なダメージを負います。それに対してアメリカザリガニは実はかなり温厚です。

      アメリカザリガニもドワーフの中で最も生息域が広いシュフェルディも仲間同士で殺しあってたら拡散できませんしおっしゃるとおりこれら広く拡散してる種は温厚だからこそ拡散できた一面はあるように思います。

      新たな土地に生息域を広げることは自然界においては「適応」ですが人間目線では「侵略」とされますが。

  3. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/07(火) 00:23:49 ID:0f86cec27 返信

    正直場所を書き込むのはどうかな・・とも思いましたが、武蔵村山のポイントは場所名までは書きませんでしたし(とある大きな公園です)、町田のは結構前なので確実にクリアザリガニとはうろ覚えで断定出来ない、多摩川は噂程度、調布にいたっては私が小学生の頃の話なので大丈夫かな・・と思って書き込みましたがこう言った生き物の生息地情報って結構ナーバスな問題だったりするみたいですね・・・

    凶暴だの破壊者だのイメージを付けたがってる輩が多い生き物ですが自然界においては彼らザリガニはどちらかと言うと食物連鎖の下の方、食われる側の生き物ですもんね
    ブラックバス釣りではザリガニなんてバスのメインのエサの一つ、程度の扱いですし、ザリガニを主に捕食している個体やポイントに使用するためのザリガニ型ワームなんてのもあるくらいです
    ラムズさんも以前ブログの記事で仰ってましたがコイの方がよっぽどタチが悪いと思います

    スピクリファーのあのツメ、カッコいいですよね!笑
    見るからに攻撃特化!って感じで笑

    私はドワーフしか飼ってないのでドワーフしかわかりませんが、彼らに限って言えば温厚通り越してビビり笑なくらいに見えました
    うわ・・エビにびびってるよ・・お前ザリガニちゃうんかい・・・って感じで笑

    生息域を広げやすい生き物が問題視されがちなのはザリガニに限った話ではないですし、なんと言うか生き物好きにとっては複雑な心境ですね・・・

    話が変わってしまうのですが、ドワーフザリガニのストライプありなしって一体なんなのでしょうか?
    ウチの稚ザリにも今の時点で既にストライプ柄かな?と思える子たちがまざってますし、確かブログの記事で、シュフェルディのストライプと「されるもの」と含みのある書き方をされていたのでもしかしてラムズさんなにか面白い事実をご存知なのでは!?と思ったのですが・・・笑

    シュフェルディ、スケミッティ、テクサナスの生息地に関しても被ってるか、隣接してるかなので、もしかしてコイツら、見た目もかなり似てますし、かなり近い種か、地域亜種?のような間柄なのでしょうか?
    もしかして混雑出来ちゃったり?!なんて考えてもいました笑
    日本だとちょうどトラウト系の魚にそうゆう分類や名前は違うが実はごく近いか同じ種類、もしくは地域亜種ですみたいなヤツらがいるのでそんな感じなのかなと

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/07(火) 11:16:46 ID:0dcf86f02 返信

      生息地情報の関しては外来種アメリカザリガニですので保全するような対象ではないので公開して全く問題ないかと思います。不確実な情報はよくないなと思っただけです。

      そもそも生息地情報を公開することの是非に関してはいろんな意見があるようですが、一般公開して地域住民がどこに何がいるかやその価値を知って保全していかない限り保全にはならないので、例えばどこどこの池をつぶすとなったとき、そこにどんな生物がいるかを一部の生き物屋しか知らない状況ではその池をそのまま保全するという議論には絶対にならないです。

      また海外の権威あるウェブサイトであるREDLISTや生物多様性に関するgbif.orgでは絶滅危惧種の生息場所が詳細にマッピングされて一般公開されてます。データ数は少ないですが日本の在来種の発見場所についてもマッピングされてるものもあるはずです。保全を考えた場合こちらのほうが正しいと思いますね。一部の人が知ってるだけじゃ意味ないですって。

      以前記事にも書きましたが、公開するな、配慮しろって偉そうにツィートしてる張本人が自己顕示欲を満たすために生息地情報をツィートして大炎上したりしてます。結局のところ公開するなってのは仲間内で独り占めしたい生き物屋のただのエゴでそれに皆洗脳されてるに過ぎないですし、希少生物を捕獲して販売してる人達が利益を独占するための利権みたいなものにすぎないです。

      ドワーフのストライプ模様に関しては少し裏事情を知ってまして長くなるので機会があったら記事に書こうと思います。簡単に言うとストライプのないものがスタンダートのはずです。お察しのとおりストライプのあるものとないものは近縁亜種で厳密には別種の可能性が多いにあります。こういうのをザリガニ飼育歴が浅いあぶ!さんはすぐにお気づきになられましたがザリガニ飼育に関して長い経験をもつ自称有識者を気取ってる人達はこういうことに何も疑問に感じない。笑いますよね~w

      鯉のほうがよっぽど悪ですしなんだったら鮒もすごいです。金魚の和金をちょっと前から飼育してますが半端ない食欲ですから。機動力も半端ないです。なお、とはいいつつザリガニも鯉もフナも環境にはほとんど負荷はないと思ってます。上位捕食者による捕食により種が絶滅したことなんてこれまでの歴史上でもほぼないはずです。地球上に誕生した種の99%?が既に絶滅したと言われますが。そもそも上位捕食者による捕食は自然界では当然に行われている行為でただの食物連鎖です。外来種が捕食したときだけ大騒ぎしてる人がかなり多いですが意味が分からないです。有識者を気取ってる連中や学者連中も生態系や自然に関してなにも理解していないです。

  4. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/07(火) 17:57:49 ID:046339ee9 返信

    デリケートな問題ではあってもみんな騒ぎすぎだし、あえて騒いでる節がある訳ですもんねぇ・・
    結局ああゆうのもまたビジネスな訳ですから、問題にもなりますね・・・

    フナはヤバイっすね・・・まさにザ・悪食ですし、仰るように機動力ぱない、そして適応力も高いで、飼いやすい日淡最上位だと思います
    しかも金魚って思ったよりも遥かにデカくなりますもんね!
    ・・これ金魚?コイじゃなくて・・・?みたいな笑

    元々在来種も多いフナはもちろん、ザリガニやブラックバスも既に生態系のピラミッドに組み込まれて彼らありきの生態系になってる訳ですから、それを排除するのもまた環境破壊でしかないですよね
    河口湖や霞ヶ浦見てるとそれを実感できると思いますし、農業用のため池や人造湖ダム湖、お堀みたいな人工の自然はそもそもが元々の生態系もへったくれもないわけですからそれをあーだこーだ騒ぐのは正直?でしかないですよね
    それにもかかわらず同じ外来種でもニジマスみたいな有益な種類の事は触れられもしない・・と笑

    やはりドワーフの裏情報もご存知でしたか笑
    観察しててなんかおかしくね?って思ったんですよね・・・
    同種と言う割に柄が何故か2種類あって(これが個体差が大きくて色々な柄があるならまだわかりますが)、微妙な差ではありますがなんだか習性や体型なんかもなんとなく微妙に違うように見えますし・・・
    マイナーな種類なんで情報が少ないせいか、触れられてない事多いですよね
    私がそれになんとなく気づいたのは初めて飼育する種類なんで暇があればメインの熱帯魚そっちのけで舐め回すように観察してたから笑ですが、経験の長い業界を牛耳ってる方たちがその辺何も触れないのはほんとに気づいてないからなんでしょうか?
    何か言ったらマズイ裏でもあるのでは!?と思わず勘ぐってしまいます笑

    その辺の事含めたドワーフザリガニや業界の闇の記事が今から楽しみです!笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/07(火) 20:06:14 ID:0dcf86f02 返信

      何か言ったらマズイ裏でもあるのでは!?と思わず勘ぐってしまいます笑

      笑いました!実際ドワーフに関して記事書いたら騒ぎ出す連中がいるはずです。多分今回は一人かな。

      農業用のため池や人造湖ダム湖、お堀みたいな人工の自然はそもそもが元々の生態系もへったくれもないわけですからそれをあーだこーだ騒ぐのは正直?でしかないですよね

      ほんとこれです。農業用水路など「水路」と名のつくものは基本的に全て人工的に水を引っ張ってきたものでもともとそこには水なんてなかった場所ですしそもそもその水路は農家の人たちが管理所有してる私有地でそこに鯉放そうが何しようがそんなの農家の人たちの自由なんですよ。ツィッターでは水路に鯉が~~って毎回毎回大騒ぎしてる方がとても多いですが。なお、中高生の方たちは農業用水路が何なのか知る由もないので騒ぐのもしょうがないと思いますが。しかしいい年した大人がそれを知ってるのか知らないのか鯉はいけないみたいなことを言ってては?ってなりますね。ご存じかどうか知りませんがオイカワ丸って方なんですが。

      あとそれを言ったら里山全部がもともとはただの野山で墾田永年私財法とかそのあたりの時代に人間が野山を切り拓いて自然を破壊して田んぼなどを作った場所であって、原始の自然ではないのにいろいろと勘違いしてる人が多すぎます。だから価値がないってことじゃなく生態系とか自然ってのは常時変化してて不動じゃないんですよね。在来種と外来種と区別することには意味がないです。

  5. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/07(火) 22:33:12 ID:046339ee9 返信

    ほう・・そんな事聞いたらその記事、是が非でも書いて頂かなくては!笑
    誰が騒ぐかは・・・なんとなく見当がつきますけども笑

    私が思うにそう言った人工の自然を本来の目的以外にも活用する際に有用なのが環境適応力が高い種の多い彼ら「外来種」であり、なんなら毒にも薬にもならないような在来種より余程有用だと思うんですよね
    それに自然って案外大雑把なモンで、そのニッチを埋めるのは必ずしも在来の生物でなくても意外に問題無かったりしますし、エゴ丸出しの意見かもしれませんが優先されるべきは我々「人間」で、その人間にとって有用なのがもし「外来種」の方なら、優先するべきは在来種より外来種だろうと思いますし、もし仮に人命に関わる問題(病原菌や寄生虫の媒介など)や経済的損失(最近増えすぎ気味のシカなど)があるなら在来種であっても遠慮なく駆除するべきだと思います
    それで仮にその種が絶滅してしまってもその穴埋めをするくらいの力を自然は持ってますし、そもそも地球の環境が人間が自然を破壊しようがしまいが一定では無く変化していくものなら同時に永遠に変わらず一定の自然なんてものもありはしないので人間ごときがどうこうしたって無駄でしょうし、そもそもできやしないと思います

    オイカワ丸さん存じてますよ!ラムズさんの記事見て知って、自分でも色々調べました笑

    彼らの言ってる環境保護はあくまでビジネスですからね
    本気の信念あるものでは無いでしょうし、なんなら意見もコロコロ変わるでしょうね笑
    ただ彼らも一応は知識人の端くれならもう少しやり方考えようよ・・・とは思います笑
    ちょっと考えれば誰だって?って思う事ばかりですもん笑

    里山なんかまさに代表例ですよね!以前ラムズさんも記事に書かれてましたが里山の自然なんて動植物ほとんど外来種よ?って話ですもん笑
    もちろん私も里山の自然は大好きですし、あれこそまさに日本の原風景だと思いますが、この事実を自称「活動家」の方が口にする事はないでしょうね笑
    里山の自然に生息する数少ない在来種の中にはああいった人の手の入った環境を好む種類なんかも結構いるみたいですから悪いことばかりではもちろん無いですしね

    と言うよりこの狭い日本列島で彼ら「活動家」がまるで楽園かのように言う原始の自然が果たしてどんくらい残ってるのよ・・・って話にもなりますね笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/08(水) 11:50:19 ID:3b599162f 返信

      ちょっと考えれば誰だって?って思う事ばかりですもん笑

      ほんとそれです。世の中の仕組みとかそういうのをまだ何も分かっていない中高生がああいうことを言ってるならまだしも、いい年した大人が毎回毎回子供じみた発言を繰り返してて、、、いったいこの人はなんなんだろうなぁと思ってます。

      過去の騒動で魚類学会や職場からも指導が入ってるのに全く懲りてないみたいですし精神的に子供のままでいつまでも大人になりきれない生き物オタクの典型例なんでしょうね。嘘松ツィートばかりしてるツイフェミとすごく近いと思ってます。

      環境保全とか地球温暖化とか生物多様性とかは国が毎年何兆円もの税金を使ってNPO法人やらよくわからない団体に金が流れてるんですが、つまり慈善活動家気取りの活動家ってほとんどみんなビジネスなんですよね。うんざりしますね。ノネコ駆除もそう。逆に猫を保護する愛護活動を地道にやってたりする方たちは自腹。それなのにそういう現実も知らないでノネコノネコ言ってる無知な人がツィッターには多いですが、、、

      気候や環境は常に変化していて変化に適応できたものが生き延びるのが自然であり野生なのに、そこに人間が介入して特定の種だけを保全しようっていう発想がそもそも意味分からないですね。もうそれ野生じゃないじゃん。人間の手で運ばれてきた生き物を外来種だと悪者扱いするくせに人間の手で保全された在来種は希少な在来種だとされる。矛盾を感じないんでしょうかね。

  6. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/07(火) 22:55:56 ID:046339ee9 返信

    それと以前から思っていた事なんですが、生物の絶滅の理由で、人間による絶滅はNGで、それ以外の理由での絶滅はOK!なんならむしろ大自然の神秘!ロマン!みたいな風潮がありますが、これが理解出来ないんですよね
    どんな理由であれ絶滅は絶滅ですし、環境や競合他種との生存競争に負けたって事ですからね

    よくマンモスは人類に狩尽され絶滅した悲劇の動物として扱われますがイコール人類との生存競争に負けただけですし、そもそも生物の絶滅理由の大半が上記の通り他種との生存競争で敗れた事な以上、その人類も地球の生物なのでこれも健全な自然の営みでは?と思いますし、人類しかり生物と言うのが生存競争に勝利して繁栄していくものな以上なんら不自然ではないと思うのですが・・・
    もちろん例外はあるでしょうから一概には決めつけられないのはわかりますが、こう考えると自然保護!ってものも人間のエゴでしか無く、自然にとってはありがた迷惑なものなのかもなと考えてしまうんですよね

    なんか話が偉く壮大でなんなら哲学的にすらなってますがこうゆう事話す機会もなかなか無いのでお許しください笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/08(水) 12:03:53 ID:3b599162f 返信

      学者ってのは基本的に自分の研究対象にしか興味を持てない視野の狭いタイプが非常に多いと思います。そんな自分の研究対象しか尊いと感じられないような歪んだ人の意見だけが世の中で採用されてしまうからいろいろとおかしなことになってるんでしょうね。歴史もそうですがいくらでも都合よく研究者のさじ加減で改変できる類の研究はほとんど意味がないと思いますね。。

      特別な功績を残した人以外学者なんてそこらの一般サラリーマンと同じかそれ以下にすぎないのに学者ってだけで先生呼ばわりしたり論文ってだけで素晴らしい功績だと感じてしまう風潮がそもそも間違いなんでしょうね。

      世の中おかしいことだらけですしみんなもっとちゃんと考えるべきなのに、考えることを辞めてしまっている。

  7. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/08(水) 14:30:54 ID:505467a5c 返信

    生き物オタク!まさにそれですよね
    結局彼らってオタクの延長でしかないんですよね

    もちろん立派な方だっていますが、大多数はオタク特有の頑固さ、視野の狭さがあってまともな議論も出来やしない、みたいな人ばっかりで・・・

    なんてゆうかもう好きにしたらwみたいになっちゃってこっちも考えるの嫌になりますね笑

    だからこそ我々アクアリストなど生き物飼育者は生き物を飼育して癒しを求めないとやってらんないです笑
    今だってドワーフザリガニ水槽の中じゃ成長早い子は既に親の半分くらいに育った稚ザリ達が元気にツマツマしてますし、父親ザリは飼い主に元気に威嚇中笑
    抱卵してる母ザリは育児に夢中で、脱卵した雌ザリは自由を謳歌してますし、隣の水草水槽では熱帯魚界の戦闘民族グラミー&アピスト達が元気に小競り合い、テトラ&ラスボラ&コリドラスは我が道貫き餌探しと、最高の癒しを提供してくれていますのでアホ共の事考えて疲れた頭と心が洗われるようです笑

    提案なんですが、ザリガニを無意味に敵視して騒いでる方達を今後はザリガニ絶対殺すマン、もしくはザリガニスレイヤーとお呼びしてはいかがでしょう笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/09(木) 01:33:20 ID:e13f7f29b 返信

      あぶさん結構熱い方なんですね!
      ザリガニ殺すマンは面白いですね笑 ちょっと考えたんですが自分自身では駆除活動をするわけじゃないのでザリガニ殺せマンのほうが正しいかも?笑笑

      視野の狭さは悪いことじゃなくある意味いいことで、そういう特定の分野に特化して興味をもつ方がいるからこそ普通の人は誰も見向きもしないような粘菌とか意味分からない寄生虫とかの研究が進むわけで。ただし、自分の興味の対象、例えばドジョウとか水生昆虫を愛するにあまりに過剰に外来種を敵視してしまうのは完全に社会性が欠如してますよね。大人子供です。まともな大人のやることじゃないです。

      それだけならまだしもツィッター上の影響力を駆使して無垢で純粋に自然や生き物を愛する中高生に対して外来種は悪だと洗脳して外来種を排斥することが自然環境保全だと間違った知識を植え付けている。真面目に害悪だとしかいいようがないですね。外来種の移入も生物多様性だとするのが現代における海外の自然保護界隈のトレンドなんですが。

      話は変わりますがあぶさんはもともとは熱帯魚がご専門なんですね。かなり経験豊富そうですよね。そういう方でないとなかなか生態系とかまでに関心を持たないと思います。

  8. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/09(木) 13:54:34 ID:05257779a 返信

    なんかたまにん〜?な意見や人を見ると思わず熱くなる悪い癖があるんですよねぇ笑

    ザリガニ殺せマン!これで行きましょう笑

    なるほど・・視野の狭さイコールそう捉える事も出来る訳ですね!
    確かにそうでなきゃ誰も興味持たないマニアックな生き物の事なんか研究しないですし、我々が知識情報を得る事も出来ないですもんね

    彼らのやってる事ってそう考えると若年層の洗脳ですね
    教育にかこつけた

    生物多様性の海外のトレンドは私も大賛成ですね!あまり海外に目を向けすぎるのは私は嫌いなタイプですが笑これに関しては素晴らしい考え方だと思います

    熱帯魚なんて全然専門じゃないですよ!本格的に熱帯魚始めたのはまだ2年くらいです笑
    長かったのは日淡と、あとカブトムシですね笑
    爬虫類に3年くらい浮気してた事もありますし

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/10(金) 15:11:52 ID:3f6a2c2f6 返信

      学校教育自体が洗脳ですからね。教師は左系が多いですし。

      日淡長かったんですね。それでザリガニの生息地とかいろいろ詳しかったんですね。
      日淡といえば、ザリガニ殺せマンが非常に多いイメージですがそういうの若年世代だけなんでしょうかね。

  9. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/10(金) 23:07:05 ID:436ad666a 返信

    そうなんですよね笑
    君が代の事とか大戦の事etc・・・割と右寄りな人間なんで笑こうゆう話題も大好きですし、そこそこ詳しいですよ!笑

    ザリガニの生息地の事は会社のアクア仲間情報が多いですね
    一人ザリファンがいまして

    私が日淡やってた時は少なくとも周りにはいなかったですが、確かにザリガニを嫌悪してる人間って日淡ファンに多い気がしますねぇ・・・

    ちなみにカメレオン始め爬虫類に浮気してた時に知ったんですが、爬虫類飼いの人たちって外来種問題とか密輸問題なんかを冷静に客観的に現実的に判断してる人たちが多いんですよね
    やっぱり世間から理解されにくい生き物を飼ってる人たちって変人ではあっても冷静で頭いい人たちが多いですよね

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/11(土) 00:24:25 ID:d4dbfffe9 返信

      ちなみにカメレオン始め爬虫類に浮気してた時に知ったんですが、爬虫類飼いの人たちって外来種問題とか密輸問題なんかを冷静に客観的に現実的に判断してる人たちが多いんですよね

      なーるほど、面白いですね。もちろんライト層じゃなくコアな方達なんでしょうが。

      自分も密輸は絶対ダメだと記事に書いてますが、バレないようにやってこっそり一人で楽しむのであれば誰にも迷惑かけないですしまぁありかなとおもってます。未判定種で密輸がかなり疑わしきザリガニをヤフオクで高値で落札するくらいならザリガニを鑑賞用と割り切ってるガチマニアの方はそういう方実はかなり多いんですが、こっそり密輸したほうがいいとすら思ってます。そのほうが密輸に関わって不当な利益を得ている輩の取り分が減りますしそもそも未判定種は以前の記事でも書いたとおり税関ではチェックされていませんので。

  10. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/11(土) 08:37:39 ID:1949833c7 返信

    もちろんガチのコア層の方たちですね
    私のカメレオン飼育の師匠もそうでした

    正にそれですよね・・・
    正直日本のペット業界って密輸に支えられてきた面がありますし、以前ラムズさんも言われてましたが、国や行政にも本音と建て前が当然ある訳ですからね

    話変わってしまうんですが、ラムズさんはドワーフザリガニの水槽は何本くらい維持されてますか?
    例えばドワーフザリガニの水槽だと何本あって、水槽のサイズなどは?
    ご報告したように、ウチの子たち、ハッチアウトの第2波第3波がなんだか近そうなんで、なんなら今の30センチスリム水槽から45センチスリム水槽あたりにサイズアップした方がいいかもなぁと思ってまして

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/11(土) 14:24:18 ID:d4dbfffe9 返信

      例えばワラダンの密輸なんかですともうみんな周知のとおり密輸はかなり蔓延してるんですが、密輸してると思わしき大本の人達はイベント販売のみでネット販売は行っておらず、流通の履歴を残さないようにうまいことバレないようにやってるんですよね。

      しかし最近ワラダンに参入してきた法律のことをよく知らないライト層は堂々と新規に密輸してその密輸個体の繁殖品を堂々と「国内未流通品!レア!」とかうたってネット上に履歴が残ることも考えずヤフオクで堂々と販売するからバカなんですよね。ワラダン密輸マンエビガニ(イモガニくん)とかがまさにこれなんですが。バカなんですよね。

      ドワーフに関してはうちは40センチ水槽を使ってます。シュフェルディとスケミッティそれぞれ3本づつでやってましたが最近もうちょっと追加しました。

  11. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/11(土) 16:28:57 ID:1949833c7 返信

    そう!それなんですよ!
    昔から人には言えない方法で、人には言えない生き物を仕入れた場合、売るにしても仰るようにイベント限定とか、仲間ウチでこっそりととか、店で売る場合でも大々的に宣伝なんかもちろんしないでこっそりと、とかして細々やってきた訳ですし、だからこそバレない、問題にならない、お目こぼししてもらえてきたのにあんなに堂々とやったら・・・結果は我々生き物好きの首をしめるだけ、ですよね・・・
    んな事して国や行政に本腰いれられたらご存知のようにまさに瞬殺なのに・・
    勝ち目なんかある訳ないです・・・
    なんかまた熱くなりました笑

    以前に質問した時に水量10ℓの30cmスリム水槽だとドワーフザリガニなら100匹くらいは飼えると仰ってましたが、ラムズさんの40cm水槽には大体一つあたりドワーフザリガニ何匹くらい飼われてます?
    その水槽の中から引っ張り出してヤフオクなどで販売されてる訳ですからかなりの数かなぁと思うんですが

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/12(日) 11:19:05 ID:5580e5ff4 返信

      どんな界隈でもブームになって飼育者が増えるとおかしな輩が目立つようになりますよね。もともといたコアなマニアは法律のこととか分別わきまえて趣味として楽しんでるのに。何も分かってない新参がひと儲けしようとやりたい放題やって界隈が荒れまくる。ワラダン界隈とかまさにこれですね。ザリガニ界隈もこれ。

      だいたい植物防疫法の規制は農業被害の防止なのでペット用にマニア間で流通するようなワラダンとかは法律の建前上はアウトでも本音を言えば結構どうでもいい話でだから厳しく取り締まりなんてされてないのが現状で、ただしあまり派手にいろいろやらかしてるのが散見されるようになると問題視されていずれ法律で規制するのが行政なのに、ワラダン密輸マンエビガニ(イモガニくん)とかこういうの何も分かってないのに本当にバカなんですよね~。自分みたいにブームになる前からいたコアなワラダンファンにとっては非常に迷惑です。

      エビガニに至ってはツィッター上で密輸がバレて今度は注意しますとか自分で言っておいて正規輸入工作してますしザリガニ界隈でもいろいろやらかしてますし迷惑でしかないですね。密輸には直接関与してなくても、こういった輩を擁護してる取り巻きのバカ共も日本は法治国家なのに仲間内ルールでもみ消せばなんとなかると必死ですしほんとちょっと意味が。

      水槽は各種40センチを3つです。30センチで100匹くらいは昔やってた話でそれで問題なくいけますが以前もお話したとおりそれですと雌雄に偏りが出ますので改善しました。

  12. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/12(日) 12:34:29 ID:917a982f8 返信

    昆虫なんかもしかり、メダカやエビもしかりブームになるのって正直マニアにとっては歓迎出来る事ではない気がしますね・・

    業界の闇記事でかなり書かれてましたよね〜
    ちょっとこれ以上やられちゃうともう規制待った無しなのわかってるのかと・・
    せっかく増えたドワーフを熱帯魚の餌にしなきゃならなくなる日も近いのかなと思うと・・・

    ちなみにすでに水槽は用意済みでして笑
    第2波のヤツらもハッチしたようで明らかに小さい稚ザリがフラフラしだしたんで、サイズアップしようかなと!

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/12(日) 22:01:59 ID:5580e5ff4 返信

      マニアが無知な初心者から集金ゲームするにはブームは最高ですし騙される初心者としても多少騙されてもブームで儲かってる人がいるならいつか自分も、、、ってことでそこまで執念深く恨むことってない気がしますが、そもそも生き物系ですとせいぜい数千円~1万円程度でなんかあっても泣き寝入りしたほうが得ですし。

      ただね、静かに趣味を楽しみたい人が大半なわけで、無知な新参に界隈を荒らされたらいい気はしないですよね~

      ザリガニに関してはアメザリとニチザリ以外は全て外来生物法上特定外来生物か未判定外来生物ですが、未判定は法律作ったときにまだ国内流通を確認できていなかったのでその必要がないからまだ判定しておらず特定外来に指定されていないだけで密輸により沢山流通しだしたらいずれ判定されて特定外来に指定されてもおかしくないものばかりなのにそういうの何も分かってない人が多くてびっくりしますね。

      ザリガニはまともな経験者は2006年の外来生物法改正でほとんど引退してしまってそれ以降もザリガニ続けてて偉そうにしてる人は揃いも揃ってほとんどが密輸関連の人なので、当ブログの登場でそういう人たちはかなりおとなしくなってしまいましたがかなり闇が深い界隈だと思います。そういう輩が流布したデマも多いですし

  13. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/13(月) 15:54:25 ID:b62c9f4d0 返信

    ビーシュリンプしかりメダカしかり、ブームに便乗してくる悪いヤツが多いですよね

    実際のところ、未判定種ってお目こぼしもらってるだけの状態なのに、やりたい放題なのはあまりにも考えてなさすぎとしか思えません

    ちなみにラムズさんが業界の闇関係の事でもっとも許せないもしくは唖然とした事ってなんでしょう?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/13(月) 19:03:06 ID:c1a93fb78 返信

      許せないこととは違うのかもしれませんが非常にうんざりしているのは、ザリガニ飼育者で有識者ぶってる人、経験者ぶってる人は多数いるんですが(主にツィッターで活動笑)、その中でザリガニに関するまともな深い知識をもってる方が皆無な点でしょうね。

      当ブログのザリガニ村の闇っていう記事をいろいろご覧になっていただければわかるとおり、ザリガニ界隈には低レベルなデマが多すぎです。しかし経験者ぶってる自称有識者の人はそういったデマについて10年以上誰も何も疑問に感じない。なぜ誰も今まで疑問に感じなかったのか不思議でならないです。腸管の件とかがまさにその集大成だと思いますが。

      それに対してメダカ界隈やシュリンプ界隈では、ザリガニ界隈同様黒い連中が沢山いますが同時にかなり深い知識をもったガチでやってるマニアックな経験者が多数います。でもザリガニ界隈にはいない笑 これがそもそもの諸悪の根源なんだと思ってます。

      おそらく2006年の外来生物法改正でまともな経験者はほとんど引退してしまったからでしょう。残ったのは密輸絡みの連中とそんな連中と仲良くすることで甘い汁を吸ってきた北米系マニアばかり笑

      結構核心をついてると思います笑

  14. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/13(月) 21:08:02 ID:b62c9f4d0 返信

    どこにでもいわゆる老害?みたいな人っていますが、ザリガニ業界に変な人多いのってそうゆう事か・・かなり合点がいきました!笑

    確かに仰る通り、メダカにもエビにも金魚にも大型魚にも水草にも悪どいヤツはいますし、中途半端な知識ひけらかすやつもいますが、ザリガニ業界に比べれば少ないですし、ガチマニアの方も確かに多いですよね笑

    私が面白いなと思ったザリガニ業界と他の生き物業界との違いの一つが他の生き物業界の悪どい人達って彼ら自身もガチマニアで、悪い噂は聞いてもその生き物に対する愛情ハマりっぷりは本物で、飼育技術や知識もガチもんって人が多いですけど、ザリの悪どい人らが「浅い」のはそうゆう事なんだなって激しく納得しました

    ちなみにザリガニ業界の名前言わなくてわかるような悪い噂のある有名な方々は会社の元熱帯魚ショップ店員も知ってました笑
    都内の某有名大型店に10年以上勤めてた人間ですが、聞いたらアッサリ「おぅ知ってるよ!有名有名笑」って笑
    行きつけの熱帯魚ショップの店員さんも「あ〜・・そういや聞いた事ありますねぇ」って言ってましたし、よっぽ有名なんですね笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/14(火) 19:20:02 ID:925a9ff55 返信

      もしかしたら自称大御所K&Gさんでしょうか?自分は当時ザリガニを飼育していなかったので複数の業界関係者から聞いた話ですが、ゴーストザリガニが流通しだしてかなり高値流通していた当時にゴーストザリガニの流通を仲間内で牛耳るために自称大御所K&Gさんが「本物のゴーストザリガニの定義」とかいうでたらめなデマを流したりいろいろ工作活動をしていたので観賞魚業界で「ザ・ゴースト」と呼ばれて大変迷惑がられていたそうです。

      それかシザーの命名者clawさんでしょうか?両方ご存じかもしれませんね笑

      ちなみにシザーはclawさんが作成したとかなりの大多数の方が勘違いしてると思いますが実際にはシザーを作成したのはclawさんとは別の方でして、大阪と茨城だかどっか別の地域で採集したワイルドブルーの交配で真っ青な子供が少数産まれ、それをヤフーブログに書いたところ当時全く知り合いでもなんでもなかったclawさんが見て猛烈に欲しがったのでその方すごく優しい方なのでただでペアをプレゼントして、そのペアから産まれたのが後のシザーになります。

      ちなみにその真のシザー作成者の方はいろいろあって病んでしまってザリガニを引退してしまわれました。このあたりはかなりの闇ですね。真のシザー作成者さんとは結構仲良くしていただいていたので裏事情をいろいろ知ってます笑

  15. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/14(火) 21:15:20 ID:ab7b3d9f7 返信

    ええ、ザ・ゴーストさんの方ですね笑
    当時迷惑がられていたなど、業界の闇の過去記事で見て、ザリ業界ではそこそこ有名でも観賞魚業界にまで影響(悪い意味で、です笑)与えるとかそんなバカなと思っていたらホントにそうだったらしいですね笑笑

    その同僚がかつて働いていた店の社長や先輩達曰く、話してみると意外に悪い人じゃないんだけどねぇ・・・って感じらしいですが笑

    シザーの詳細な裏話ってそんなだったんですか!?・・いや、思ってたより酷いッスね・・・苦笑
    知り合いでもないのに猛烈に欲しがるって笑笑

    病んでしまうくらい、シザー関係の事で色々あったんですね・・お気の毒に・・・

    なんならさらにその事、更に詳細なシザーの闇として記事に書いた方が良いのでは・・・

    そんな事で凄いブリーダー扱いされるならウチのドワーフ水槽にいる育児で引きこもってた結果ほぼ真っ黒になってしまったメスのシュフェルディをドワーフシザーとかなんたら名付けて売り出したっていいレベルじゃないすか苦笑

    それただもらったザリガニ増やしただけやろ・・っつ事じゃないですか・・・

    シザーの闇に関してはらラムズさんの過去記事あらかた読みましたがまさかそこまで深いとは・・・こりゃドワーフの裏事情もそうとう深いものなのでは・・・笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/15(水) 10:53:38 ID:904f0ae8b 返信

      別の業界関係者からも同様の話があるとはザ・ゴーストはかなり有名だったんですね。相当迷惑がられていたんでしょうね~。

      そういえばタイゴーストの時のもJOCAとかいう架空団体をでっち上げてJOCAの認可マークがあるものが正規輸入タイゴーストであるみたいな詐欺まがいなことをやってました。当ブログがJOCA詐欺について問題提起したりしたらJOCAの件は証拠隠滅されてなかったことになってしまいましたが当ブログが問題提起していなければ、、、今頃日本全国のアクアショップでJOCAの認可マークが貼り付けられていたりする事態になっていたのかもしれません笑 同僚の方はもしかしたらJOCAも知ってるかもしれません笑

      ちなみにそのJOCAの責任者を名乗っていた人物がシュリンプ業界で超有名な教授?とか呼ばれてる人物だったり、JOCAの所在地とされていた場所はそこそこ有名な大阪のろ過メーカーの敷地内だったりしていまして、、、ハッタリにハッタリを重ねて最終的に結構大きなムーブメントを起こすに至るよく分からない謎の力がすごいなと思います(小並感)

      それただもらったザリガニ増やしただけやろ・・っつ事じゃないですか・・・

      ほんとそれですよ笑 それなのに堂々と自分が作成してるふりしてデカイ顔してますし真の作出者が不憫でならないです。そりゃ病みますよね。

      この辺り記事に書いたつもりでしたが多分まだ書いてないので余裕ができたらまとめたいと思います笑

  16. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/15(水) 16:52:00 ID:79435a9a8 返信

    あの人って確か関西の人ですよね?
    東京のショップの人間にも知られてるのは凄いですな笑
    どんな迷惑をショップにかけたか気になりますよね笑
    なんとなく察しは付きますけど・・・
    確かそのショップの社長だかバイヤーの責任者?だかがイベントで少し話した事があるような事言ってましたね

    JOCAにもそんな裏が・・笑
    しかしまあ頭はなかなか切れる人たちなんですかね?
    もしくはホントにリアルな筋物が関わっているとか・・
    例のアスガード?だかって高校生達もあまり深入りするのは宜しくないですねぇ

    その記事、ぜひ読みたいですね!笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/07/15(水) 23:38:06 ID:904f0ae8b 返信

      JOCA責任者は当ブログに疑惑を突っ込まれてヤバいと感じた時点で即サイトを閉鎖して証拠隠滅(魚拓とってるので隠滅はできてませんが)して逃亡したところを見るとやってることはかなり低レベルな詐欺でもそこまでバカじゃないなと思います。どう考えても勝目はないですし。自称大御所K&Gさんも当ブログがある程度密輸疑惑に突っ込んだ指摘をした時点で即ツィッターに鍵かけて引きこもってしまいましたし(いまだに掲示板工作してるかどうかは見てないので不明)そこまでバカじゃないかなと思います。

      それに対してワラダンの密輸マンエビガニ(イモガニくん)とかその取り巻きキッズ連中はいつまでもしつこく当ブログに噛みついてきて、それによって結局さらに騒動が大きくなって最終的に変な封筒を公開するとかいう偽装工作が世間一般にバレて取返しがつかないレベルの致命傷を負いましたが、こちらの騒動に絡んでる連中はバカばかりだなと思いますね。

      キッズ連中に関しては本人たちも未成年者なのでデマ流そうが詐欺しようが殺人しようがなにやっても法で裁かれない無敵の人状態だと分かってるようなので心配いらないと思います。ろくな大人にはならないでしょうが。

  17. 名前:あぶ! 投稿日:2020/07/17(金) 10:38:38 ID:156530feb 返信

    やっぱ悪どい事やるからには色々考えて手は回してるでしょうしね

    ワラダン関係の記事も一通り目を通しましたが面白かったですね笑

    キッズ連中はなんかそのうち痛い目見そうな気も・・