原始系クリアザリガニの子供のその後

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

以前ヤフオク出品した原始系クリアザリガニの子供が成長しました。

ほったらかし飼育だったので欠損が目立ちますがよく見ていただきますと気づくと思いますがオレンジクリアがいますね。左上あたりがそれなんですがちょっと予想外でびっくりしました。(さらにBKCらしきものもいますがこの件は今回触れません)

なお、原始系クリアザリガニはもともと紅白ゴースト×白ヒゲの累代で誕生したノーマルタイプのクリアザリガニですので確かにこのペアの組み合わせだとオレンジクリアは出てもおかしくない表現です。ということはオレンジクリアはとっくの大昔に出ていてもおかしくなかった表現だということになりますね。

おもしろい!!

スーパーレッドの変異個体

続いてご紹介するのはスーパーレッドペアから誕生した色の薄い変異個体です。

真っ赤な個体2匹がスーパーレッドで色の薄い4匹がその変異個体です。ちなみに同腹です。飼育環境は屋外。餌はおとひめとたまにカロチン補給のため家庭菜園の大葉を与えたりしてました。

産まれた当初から真っ赤な個体の中に真っ白の個体がチラホラいましてそれが成長に伴いこんな感じの色合いになりました。旧ピンクザリガニに近いのかなとか思ったりします。

ピンクザリガニ(サクラザリガニ)に本物なんてものは存在しない
当方が忖度ザリガニ研究所と呼んでいる佐倉ザリガニ研究所の執筆者がTwitterで次のように発言してました。 ナ

そういえばナベQって人のホンモノのピンクザリガニとかいうのを思い出しましたw

黒化型ブラックキングのクリアタイプ

話はガラリと変わりまして、ブラックキングのクリアタイプ(略してBKC)がかなり人気です。そしてそのBKCが日光で黒化した黒化型BKCを今ヤフオク出品してます。

なかなかかなり渋いと思いますがいかがでしょうか?

ちなみにザリガニの色は大昔に記事に書いたとおり環境に大きく依存しており、この黒化型BKCの場合は日光の影響で黒くなってるだけです。

ザリガニは外的環境により色が変わる
ザリガニは外的環境(餌や飼育環境)により色が変わります。そのザリガニの体色に影響を与える要因をまとめると次のとおりで

そういえばこの記事、当方がザリガニ飼育を始めて半年くらいの時に書いたものです。ところどころ読みやすくアップデートしましたが基本的には当時書いたままです。これをザリガニ飼育歴半年で気づき記事として書き上げるって我ながらかなりすごいですよね。当時の自分はザリガニに対してかなり熱かったと思います。