原始系クリアザリガニの子供のその後&黒いザリガニシザーの裏話

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

以前ヤフオク出品した原始系クリアザリガニの子供が成長しました。

ほったらかし飼育だったので欠損が目立ちますがよく見ていただきますと気づくと思いますがオレンジクリアがいますね。左上あたりがそれなんですがちょっと予想外でびっくりしました。(さらにBKCらしきものもいますがこの件は今回触れません)

なお、原始系クリアザリガニはもともと紅白ゴースト×白ヒゲの累代で誕生したノーマルタイプのクリアザリガニですので確かにこのペアの組み合わせだとオレンジクリアは出てもおかしくない表現です。ということはオレンジクリアはとっくの大昔に出ていてもおかしくなかった表現だということになりますね。

おもしろい!!

スーパーレッドの変異個体

続いてご紹介するのはスーパーレッドペアから誕生した色の薄い変異個体です。

真っ赤な個体2匹がスーパーレッドで色の薄い4匹がその変異個体です。ちなみに同腹です。飼育環境は屋外。餌はおとひめとたまにカロチン補給のため家庭菜園の大葉を与えたりしてました。

産まれた当初から真っ赤な個体の中に真っ白の個体がチラホラいましてそれが成長に伴いこんな感じの色合いになりました。旧ピンクザリガニに近いのかなとか思ったりします。

ピンクザリガニ(サクラザリガニ)に本物なんてものは存在しない
当方が忖度ザリガニ研究所と呼んでいる佐倉ザリガニ研究所の執筆者がTwitterで次のように発言してました。 ナベQの作り方で作ってみたサクラ。作り方では試

そういえばナベQって人のホンモノのピンクザリガニとかいうのを思い出しましたw

黒化型ブラックキングのクリアタイプ

話はガラリと変わりまして、ブラックキングのクリアタイプ(略してBKC)がかなり人気です。そしてそのBKCが日光で黒化した黒化型BKCを今ヤフオク出品してます。

なかなかかなり渋いと思いますがいかがでしょうか?

ちなみにザリガニの色は大昔に記事に書いたとおり環境に大きく依存しており、この黒化型BKCの場合は日光の影響で黒くなってるだけです。

ザリガニは外的環境により色が変わる
ザリガニは外的環境(餌や飼育環境)により色が変わります。そのザリガニの体色に影響を与える要因をまとめると次のとおりです。全7つです。 ちなみのこの記事は2

そういえばこの記事、当方がザリガニ飼育を始めて半年くらいの時に書いたものです。ところどころ読みやすくアップデートしましたが基本的には当時書いたままです。これをザリガニ飼育歴半年で気づき記事として書き上げるって我ながらかなりすごいですよね。当時の自分はザリガニに対してかなり熱かったと思います。

シザーのジェットブラック?となんとかブルー

そういえばシザーにはジェットブラック?となんとかブルーという2パターンがあるとclawさんは言ってました。

また自称大御所K&Gさんはこの2種類がシザーの累代に重要だとかなんとかよくわからないことを言ってました↓

証拠隠滅のため削除されたK&Gブログより

つまりジェットブラックとなんとかブルーは遺伝的に別物だということみたいなんですが結論としてはこの両者は全く同じものです。前述した黒化型BKCと同じで環境によって色が黒くなったものをジェットブラックだと言ってより価値があることにして高値販売を狙っていただけ。

ジェットブラックと何とかブルーってものが遺伝的に異なるのであれば累代すれば固定できます。それなのに現在最新のシザーはF7?あたりらしいですがいまだに血統として分離できていないのがこの両者が全く同じものであることの証拠です。あほくさ

自称大御所K&Gさんこんなことも言ってました↓

ジェットブラックとなんとかブルーもまさにこれなんですが。自分たちがやることはなんでもOKで他の人がやってたら詐欺師扱い?呆れますよね。こんな恥ずかしい恥部を晒し上げられて本人相当恥ずかしいはず。

さらにいうとシザーには茶色個体色薄個体も累代が浅かった当初は誕生していました。しかしそれらは秘密裡に処分されてシザーはF2で黒と青に固定できたことにされていました。

当ブログのシザーに関する最初の記事で↓

黒化ザリガニについての黒い噂
前回の記事でザリガニの色についてまとめました。要点としてはザリガニの色は遺伝だけではなく他の外的要因によっても左右されるということを書きたかったわけですが、詳細

こんなことを書いてます↓

現在シザーはF4世代までいるそうですがザリガニは1回の繁殖で数百匹の稚ザリが産まれます。それを考えれるとF4まで累代されていれば少なく見積もっても数千匹~1万匹に近いシザーが世にでていてもおかしくないはずですが実際にclawさんが証明書付きでシザーとして世に出したザリガニの数はかなり少なく、多く見積もっても100匹~200匹程度のはずです。かなり矛盾を感じませんか?

今から思えば黒と青だけを選別してそれだけを販売していたから流通量が少なかった。割合としては↑の記事で書いたとおり100/10000程度だと考えると色々とつじつまが合います。色薄個体などは深夜オークションで処分して当然それらは綺麗な青や黒に育ちませんがその購入者が購入個体をシザーだと名乗ろうものなら偽物扱いして集団でフルボッコ。

真のシザー作出者であるjinxさんがシザーのF1をブリードした際には青個体はひと腹のうち数匹しかいなかったと聞いてます。5/500くらいと考えるとちょうど100/10000の割合になり色々と辻褄があいます。

BKに茶色個体はいましたか?

シザーから茶色個体や色薄個体が出ていたというのは多くの方が周知のとおりで当方自身も確認済ですがブラックキング(BK)から茶色個体や色薄個体って出ていたって話は聞いたことがありませんよね。

確かBKはシザーF1から生まれた一番良いペアを最初にclawさんが出品してそれをもとに誕生してたかと思いますので当初は遺伝的にシザーより質が良かったのかもしれませんね。

あとこれが凄く面白いのでぜひ読んでください。これもK&Gブログからの引用です↓

証拠隠滅のために削除されたK&Gブログ

面白いのはここなんですが↓

善良なブリーダーが作出したザリガニをあたかも自分が作ったみたいに名前をすり替えてオリジナルみたいにプロデュースしたりまるで素人のように何でもない個体に名前を付けてみたり

  • jinxさんが作出したシザーを自分が作出したことにしてるclawさんがまさにこれだし
  • フレアとかいう輸入ザリガニもまさにこれだし
  • 最近で言えばピンクザリガニバレンタインがまさにこれ
  • 古いものだとヴァイスハマーっていうのもこれ
  • サムライブルービッグマム?とかいうよく分からないものもありましたね

しかも名前をすり替えてオリジナルみたいにプロデュースってclawさんやPARTHENONとかいう痛い連中の得意分野じゃないですかwww

「PARTHENON」と「ASGARD」は自分達は何やっても許されると勘違いしてる
過去の数々の迷惑行為によりザリガニ界隈で迷惑がられてる連中が作った「PARTHENON」とそんな「PARTHENON」をカッコイイと勘違いしてPARTHENON

ちなみにこれあまり知られていないようですが、ブラックキングが誕生したのはclawさんがシザーという名称を使うなとシザーの初回の落札者(紅蜂さん)に言ったからなんですが。。。

なんだかやりたい放題ですよね。

スポンサーリンク