特定入り前に北米種ザリガニを放流したほうがアメリカザリガニが規制されにくくなるというジレンマ

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

みなさんご存じのとおり世間一般ではアメリカザリガニは日本の生態系において最大クラスの被害を引き起こしている最悪な外来種だとか散々言われています。

半分くらいは本当で半分くらいは過剰に敵視しすぎていると思いますがしかし色々言われているにも関わらずなぜ10年以上もずっとアメリカザリガニの特定外来生物入りが見送られ続けていると思いますか?

特定外来生物指定の要件は満たしている

外来生物法の趣旨からいえばアメリカザリガニによる生態系被害が発生しているのは間違いなく確認できていてアメリカザリガニは明治以降の移入の外来生物なのでアメリカザリガニは間違いなく特定外来生物に指定される要件を満たしています。

「外来種」と「外来生物」の違いと「特定外来生物指定の要件」についてまとめました
Twitterを見てますと「外来種」、「外来生物」という用語を結構頻繁に目にします。しかしこれらの用語の正確な定義を

したがってむしろアメリカザリガニはとっくに規制されていてもおかしくない生き物なんです。それなのになぜ今だに特定外来生物に指定されていないのか、、、

ザリガニ飼育者のモラルが高くてザリガニを放流しないから?^^

アメリカザリガニがいまだに規制されていない理由

いいえ残念ながら全く違います。

アメリカザリガニは飼育者数が多すぎてアメリカザリガニを特定外来生物に指定したら放流する人が続出することが想定されるためです。

しかもその場合現状より大きな被害がでることが想定されます。したがって規制したくても規制できないんです。これは環境省の報告書などにしっかり目を通していて普通の一般常識レベルの読解力のある人なら知ってる内容です。

なおそれ以外にも完全に帰化してしまっているのでいまさら防除するのは現実的でないなどといった理由もありますが。

ツィッターでザリガニに関して有識者ぶってる変な人達

しかしツィッターを見てるとなぜだかどういう因果関係なのか全く意味不明ですが「アメリカザリガニが規制されないためにザリガニの放流はやめましょう」とか言ってる方いません?某イベント行商とかその人に影響を受けた素人さんとか。

さらには、「ザリガニ飼育者がモラルを守って放流しないことがザリガニが規制されないことにつながる」とか意味不明な勘違いをしてる方も散見されますよね。某輸入業者さんが動画で言ってました。チラ見しかしてないので真意不明ですがこれ全く意味が分かりません。そもそも密輸疑惑があるような人がモラルを語るとか笑止千万なんですが。

種類名証明書の偽造によりザリガニの密輸が可能
前回の続きです。 2006年の外来生物法の改正によりアメリカザリガニ以外の全てのザリガニは原則輸入が禁
ホワイトアレニー/ヴァイスハマー/Procambarus alleni white
アレニー(Procambarus alleni)の白い個体、ホワイトアレニーをご存じの方は多いと思います。最近はあま

ということで「ザリガニを逃がさなければアメザリが~」っていうの全く意味不明なのでいったいどういう理屈なの?ということで

わざわざ丁寧に記事にも書きましたし↓

ザリガニを逃がさないことがアメリカザリガニが規制されないことにつながるのか?
ザリガニが規制されないよう放流禁止の呼びかけを行っていくとか言ってる人がいるってのは以前の記事でも書いたとおりですが

ツィッターでも質問してみましたが↓

誰一人として回答をすることができませんでした。

空気感だけで適当なこと言ってないかい?

おそらくみなさん流はよくないことだというそこまでは分かっているんだと思います。それは正解です。しかしそこから先を何も分かってない。ちなみに以前記事にも書きましたが生態系被害だけを考えるならば放流は100%悪です。外来種であるかどうかに関わらず在来種であっても100%悪です。外来種だから逃がすなって言ってるおかしな人がいますが在来種も逃がしたらダメなんですよ?

ザリガニは外来種だから逃がしてはいけないのではない
2020.8.19追記:アメリカザリガニとニホンザリガニ以外の全てのザリガニの特定外来生物入りがほぼ本決まりになった

ということはもしかしたら多くの方は放流というよくない事を避けていれば環境省がザリガニ飼育者のモラルの高さ(?)を認めてくれて状況が良い方向に好転するはずだと神頼み的な感じで「放流しなければアメリカザリガニが~」と祈ってる感じなのかなっと想像してます。

話はズレますがザリガニがバンバン密輸で国内に入ってきて普通に流通している現状に何の問題意識をもっていなかったりなんだったらカテマコとかいうよく分からない密輸ザリガニを飼育していた時点でモラルなんて超低いのに放流さえしなければ自分はラルが高いザリガニ飼育者だと思いあがれるその図々しさが全く理解不能です。

放流したほうがアメザリは規制されにくい

しかし残念ながら放流したほうがアメリカザリガニは規制されにくいです。これは大きなジレンマ(矛盾)ですが。

なぜだか分かりますか?理由は冒頭にも書きましたがアメリカザリガニが10年以上も特定外来生物の指定から外れ続けているのは規制したら放流が増加すると環境省が考えているためです。

北米種は特定入り前に放流したほうがよい

したがってアメリカザリガニが規制されないためだけを考えるのであれば北米種ザリガニは特定入りする前に放流したほうがよいです。みなさんミステリークレイフィッシュは規制前に放流しましょう。アレニーは規制前に放流しましょう。日本全国各地で北米種ザリガニが11月2日の直前に放流されたらどうなると思いますか?

それを知った環境省はアメザリを規制するなんて絶対に不可能だとビビるはずです。

逆に規制前に1件も放流事例がなかったとしたらどうなると思いますか?

環境省はもしかしたらアメザリを規制しても意外と放流する人はでないんじゃないか?ということはアメザリを規制しても大丈夫なんじゃないだろうかと考えるはずです。

マスコミのフェイクニュースやTVのやらせ番組

つまり、アメザリが規制されないことだけを考えるのであれば間違いなく北米種は特定入り前に近所の貯水池や公園などに放流したほうがよいです。しかしザリガニを放流するということは少なからず生態系被害が発生します。

ということでぜひともマスコミさんにフェイクニュースでいいので都内のどこどこの公園で2020年11月に規制された北米種ザリガニが大量に放流されているのが発見されましたと2021年2月あたりの新聞かなにかで報道してもらえたらと思っています。

これはアメリカザリガニの規制を免れる大きな牽制となります。

某爬虫類ハンターさんが出演していたクレイジージャーニー?という番組みたいにやらせでいいんです。とにかく「2020年11月に規制されたザリガニが放流されていた!」とマスコミさんに報道してもらってそれに対してワイドショーコメンテイターの方々に「こんなことじゃアメリカザリガニを規制したら一体どうなるのか」云々と今回の環境省の政策を批判して欲しいのです。

今回の環境省の政策は間違ってるという意味ではなくぎゃあぎゃあとワイドショーなどで騒ぎ立てられると環境省もむやみやたらに「アメザリも規制するぞ!」とはなりにくいというだけです。国は政策決定にあたって国民感情を非常に重視しますので。

つまり「特定外来生物指定前に北米種ザリガニを放流したほうがアメリカザリガニが規制されにくくなるジレンマ」です。みなさんが考えてるのとは真逆なんです。

※最後に一応断っておきますが(ザリガニ界隈には頭の悪い読解力のないキッズがいますので)当方自身はアメリカザリガニが規制されるなんて100%あり得ないと思っていますので意図的に逃がすとかマスコミを使って~とかわざわざそんなことする必要ないと思ってますが一応記事として書いてるだけです

『特定入り前に北米種ザリガニを放流したほうがアメリカザリガニが規制されにくくなるというジレンマ』へのコメント

  1. 名前:ニフニフ 投稿日:2021/03/29(月) 12:14:28 ID:cbd2f8be1 返信

    アメザリ規制すると放流が増えるのも心配ですが、相対的にニチザリの需要が高まって乱獲とかありそうですね

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/03/29(月) 17:38:36 ID:80aad9bb2 返信

      確実に放流は増えますね。放流リスクがあるから環境省はアメザリの規制に乗り出せないわけですし。なんなら自分も規制するなら規制前に飼育してるザリガニは全て放流します。

      そこまで考えたことはなかったですがニチザリ需要が高まるのは確実にありえそうですね。ザリガニ好きにとってはもうニチザリしか飼育できなくなるわけですから。ニチザリを保全したいなら絶対にアメザリは規制するべきではないですね。ニチザリなんてほとんどの人はすぐ落としてしまうので消費されまくって乱獲されまくりになるはずです。

  2. 名前:ニフニフ 投稿日:2021/03/30(火) 22:43:32 ID:b518751bc 返信

    1番最悪なのはアメザリが規制されてニチザリも採集禁止のザリガニ飼育完全終了パターンですよね…
    これはアメザリを完全に駆除できない限りは無理でしょうが、万が一の事を考えるとちょっと怖いですよね

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/03/30(火) 23:16:02 ID:28483cfa6 返信

      アメリカザリガニ規制は将来的にちょっとこわいなって思ってます。昨年11月に北米種が全面規制されましたが未定着の北米種を全面規制して既に定着してるアメザリを見逃して未来永劫規制しないってどう考えてもおかしいからです。生態系被害を考えた場合どちらも同じですし。

      なお北米種に関しては輸入規制されてるのにバンバン密輸されていたっていう理由があるので規制されてしょうがない理由がありましたが。

      アメザリは現状、完全に里山の生態系の一部として組み込まれていますので仮に特定に指定した場合には国が責任をもって防除しなければならずそうするととんでもない額の予算が必要になります。

      しかもとんでもない予算をかけたところで根絶なんて絶対に不可能なので、そのあたりを環境省が冷静に判断してアメザリ規制は無理だと諦め続けてくれることを祈るばかりですが、現在小泉Jr.みたいなのが大臣ですし彼が何も考えずにやると言い出したら、、、むしろ彼の場合は何も考えず言いだしかねないので、、、

      プラ袋なんかよりアメザリのほうが沢山の意識高い系の人達が問題視している問題なわけで、、、本当に怖いです。

      仮にアメザリが特定外来生物に指定された場合にはアメザリ駆除事業として莫大な予算(毎年何10億円~何100億円近い額)が割り当てられて日本全国の環境系NPOなどが相当潤うことになるでしょう。そして地方活性化として素晴らしい効果がうまれるでしょうし根絶なんて絶対に不可能なのでその効果が未来永劫続くので(税金負担も同時に発生するが)そういう意味でマクロ的には地方活性・地方振興的な感じでアリっていえばアリなのかもしれませんね。

      ザリガニ飼育なんて所詮ごく一部の国民の趣味に過ぎませんしそんな趣味への影響など国が考えるわけがありません。って考えると、、、

  3. 名前:ニフニフ 投稿日:2021/03/31(水) 14:10:14 ID:8452c95a1 返信

    http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/data/seibutuhou01/gaiyou.pdf
    段階的な規制の話は出てるみたいですね、販売禁止とか。
    そう考えるとちょっと安心し切れないですよね〜

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/03/31(水) 17:04:33 ID:e339eaae9 返信

      そんな話が出てるんですか?どこ情報でしょうか?

  4. 名前:ニフニフ 投稿日:2021/03/31(水) 17:14:07 ID:ed0712261 返信

    http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/data/sekou.html
    こちらに議事録等まとめてあります。
    改正法成立から5年経過したということで外来生物法のあり方について議論されているようです。
    今年の夏頃には提言がまとまるんじゃないでしょうか

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/03/31(水) 18:26:10 ID:e339eaae9 返信

      ニフニフさんありがとうございます。

      ざっと内容確認しました。環境系NPOがチンプンカンプンな主張をしていて途中いらっとしましたが、環境省は冷静に検討をすすめているようですね。ということは小泉大臣が出しゃばって余計なことを言い出す余地はなさそうなので逆に安心しました。環境省としては将来的には販売禁止にするとかなんらかの形で規制をしたいようですね。

      ただ観賞用のザリガニを販売禁止にしても自然界にいるザリガニが減る訳でもないのにいったい何を考えてるんだろうなぁという印象です。意味ないでしょ。そもそも観賞用の色変ザリガニは原色のアメリカザリガニよりやや虚弱だったり性質が温厚だったりしますのでむしろ観賞用ザリガニを放流したほうが既存の原色アメリカザリガニの勢力は衰えるとも考えられるはずなのに、単純に放流したら+1というような足し算でしか物事を考えられていないようで議論としてはかなり不十分だと思いますね。

      現状のような議論として不十分な状態で販売禁止ということになるなら自分は飼育してる全てのアメリカザリガニを放流したいと思います。

      やるのであれば中途半端な方向で規制なんていうガス抜きみたいなことしてお茶を濁すのではなくしっかりと特定外来生物に指定して環境省の予算を沢山使って責任をもってアメリカザリガニがいない里山を作って欲しいです。アメリカザリガニを根絶したのにゲンゴロウの減少が止まらない~アメリカザリガニのせいじゃなかったの?っていうコントみたいな結末を見届けたいですし。

  5. 名前:ニフニフ 投稿日:2021/03/31(水) 19:20:19 ID:8452c95a1 返信

    確かに外来生物法の運用に関しては対策室や専門家が主体となって行われているみたいですが、ブラックバスの指定は半数以上の反対意見があったにも関わらず小池大臣の意向で押し切られたので…
    そう考えると小泉が滅茶苦茶なことをやり出す可能性も0ではない気がします。
    外来生物の放出が単なる足し算の問題ではないことは少し生物学を齧っただけの中学生でも分かるはずなのに…
    というかそれが分かっていたなら普通ならケラクス、アスタクスあたりの指定は有り得なかった気がしますね。
    生態系の専門家が外来生物法の運用に関わってるので外来生物に対する個人的な憎悪も絡んでいそうなのがなんとも…

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/03/31(水) 20:18:32 ID:e339eaae9 返信

      そういえばバスのときは小池大臣が押し切ったんですよね。ということは小泉大臣が出しゃばってくる可能性もなくもないわけですね。

      自然環境保全って外来種を駆除すれば済む問題ではなく農薬使用だとか護岸工事だとか工場排水だとか色々考えないと解決にはならないのに外来種ばかりに目を向けるのはちょっと意味が分かりませんね。外来種は他の要因とは違い目の敵にしても誰も文句を言う人なんていないから目の敵にしやすいんでしょうが。

      また日本国内の自然環境は奄美大島のジャングルだとか一部をのぞいてほとんどの場所が大昔とは大きく異なる訳で在来種に拘りすぎるのもどうかと思いますね。外来種をマイナス1したら在来種がプラス1増えるっていう単純な話ではなく外来種をマイナス1したらそこには何も生物がいなくなる可能性も考えるべきだと思います。

      そもそもアメリカザリガニには水底に蓄積してるゴミなどを食べるデトリタス食性という性質があり、つまり掃除屋なのでそれがいなくなった場合どうなるかも考えたほうがよいのではと思いますね。ザリガニがいなくなったら用水路にヘドロが溜まって大変になった、ザリガニがいなくなったけど水の色は濁ったままだ、ザリ色の水なんて嘘だったっていうコントみたいな結末も期待したいと思います。

      地球温暖化とか生物多様性とか希少種保全とか環境省が絡む話は全部意味ないので極力何もしないで欲しいんですが、全国の環境系NPOなどの利権屋集団を食わせていかないといけないのでそういうわけにもいかないんでしょうね。

      生態系の専門家に関しては全くの同感です。そもそも専門家って自分の専門分野についてシコシコ研究してるだけでそれ以外の分野に関しては何も知らず無知でバランス感覚に乏しい人が多く、自分の興味の対象を過剰に愛してるちょっと歪んでる系の方が非常に多いと思うんですよね。

      そういう人の意見を聴いても意味ないと思うんですが、環境省的には生物多様性の保全という大義名分があるので意味があるかないかに関わらず外来種を駆除したり希少種を保全するために予算を消化しないといけなく、意味ないことに意味を見出すのにそういった「専門家」の意見は都合がいいっんでしょうね。