シザーの累代にはウルティマブルーとジェットブラックが不可欠だという発言を検証

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

こちらの記事に以前書いた文章ですが↓整理のため独立させました

原始系クリアザリガニの子供のその後
以前ヤフオク出品した原始系クリアザリガニの子供が成長しました。 ほったらかし飼育だったので欠損が目立ち

ジェットブラックとウルティマブルー

シザーにはジェットブラックウルティマブルーの2種類あるとシザーでイケイケだった時代にclawさんは発言されてました。

また自称大御所K&Gさんもジェットブラックウルティマブルーというこの2種類がシザーの累代に不可欠だと発言されてました。

それがこちら↓

証拠隠滅のため削除されたK&Gブログより

この発言って結局なんだったんでしょうね。ということで今回の記事で検証してみます。

こんなこと(↑の発言)気にしなくても普通にシザー(ブラックキングと同じ)は繁殖できます。それはみなさんもご存じのとおりです。

この両者の色の違いってただの飼育環境の差なんですよ。ザリガニ飼育歴半年時代に記事を書きましたが↓

ザリガニは餌や飼育環境により色が変わる
ザリガニは外的環境(餌や飼育環境)により色が変わります。そのザリガニの体色に影響を与える要因をまとめると次のとおりで

青は青で固定されてるわけではなく黒は黒で固定されてるわけではない。それなのにジェットブラック?wwwwウルティマブルー?wwww

当時はジェットブラックのほうが高値で売れたんでしたっけ。こうやって希少価値を煽って少しでも高値販売を狙おうとするのは詐欺に近いと思います。

ブルームーンとかいうのもそうなんですが。

遺伝的に別物だという勘違い

話は戻しまして自称大御所K&Gさんはジェットブラックとなんとかブルーは遺伝的に別物だと当時勘違いをしていたのでしょうか?イケイケ時代のclawさんもですが。

しかし結論としてはこの両者は全く同じものです。

環境によって色が黒くなったものをジェットブラックだと言ってより価値があることにして高値販売を狙っていただけなんじゃないですか?

固定化できていないのが遺伝的に同じであることの証明

もし本当にジェットブラックとウルティマブルーが遺伝的に別物であるならば、ジェットブラックとウルティマブルーは選別交配することで色を青か黒に固定することができるはずです。できなければおかしいです。これは多少遺伝に関して知識がある方であれば理解できるはずです。

しかし現在最新のシザーはF7?あたりらしい(ちょっと整合性が取れないためまたclawさんは累代表記を間違っていると思われる)ですが

いまだに色を固定化できていない血統としても分離できていないのがこの両者が全く同じもであることの証明です。

ジェットブラック!!!ウルティマブルー!!!と煽られて両方を高値購入したみなさんご愁傷様でした。

黒くなったらナンチャラ王

そいういえば自称大御所K&Gさんこんなことも言ってました↓

ジェットブラックとウルティマブルーもまさにこれなんですがwwwww

いまだに血統として分離できていないってことは黒くなったらジェットブラック、青くなったらウルティマブルーだということにして販売していただけですよね。現在のヤフオクもそんな感じですよね。青くなったらウルティマブルー笑

ジェットブラックってのは完全に死語みたいになってますよね。

あー、もしかしてシザーグループの人たちはザリガニが飼育環境で色が変わるっていう事実を当時理解していなかったからジェットブラックと何とかブルーは遺伝的に別者だと言いたかったのでしょうか?そうであれば悪意はなかったってことになりますがが無知すぎますよね。

なお、自分たちがやることはなんでも正義で他の人がやってたら詐欺師扱いは本当に呆れますよね。こういうのを10年位前からずっとネチネチザリガニ界隈でやってるのが自称大御所K&Gさんです。

「PARTHENON」と「ASGARD」は自分達は何やっても許されると勘違いしてる
過去の数々の迷惑行為によりザリガニ界隈で迷惑がられてる連中が作った「PARTHENON」とそんな「PARTHENON

BKに茶色個体はいましたか?

そういえば、シザーから茶色個体や色薄個体が出ていたのは多くの方が周知のとおりで当方自身も確認済ですが

ブラックキング(BK)から茶色個体や色薄個体が出たという話は聞いたことがありません。

確かBKはシザーF1から生まれた一番良いペアを最初にclawさんが出品してそれをもとに誕生してたかと思いますので当初は遺伝的にシザーよりBKのほうが明らかに質が良かったのかもしれませんね。

あとこれが凄く面白いのでぜひ読んでください。これもK&Gブログからの引用です↓

証拠隠滅のために削除されたK&Gブログ

面白いのはここなんですが↓

善良なブリーダーが作出したザリガニをあたかも自分が作ったみたいに名前をすり替えてオリジナルみたいにプロデュースしたりまるで素人のように何でもない個体に名前を付けてみたり

善良なブリーダー(jinxさん)が作出したザリガニをあたかも自分が作ったみたいに名前をすり替えて(シザー)オリジナルみたいにプロデュース(clawさん)したりって

完全にシザーの件のclawさんじゃないですか!

さらに

  • フレアとかいう輸入ザリガニもまさにこれだし
  • 最近で言えばピンクザリガニバレンタインがまさにこれ
  • 古いものだとヴァイスハマーっていうのもこれ
  • サムライブルービッグマム?とかいうよく分からないものもありましたね

しかも名前をすり替えてオリジナルみたいにプロデュースってclawさんやPARTHENONとかいう痛い連中の得意分野じゃないですかwww

「PARTHENON」と「ASGARD」は自分達は何やっても許されると勘違いしてる
過去の数々の迷惑行為によりザリガニ界隈で迷惑がられてる連中が作った「PARTHENON」とそんな「PARTHENON