BKクリアの愛称は紺碧(こんぺき)に決定しました!

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ブラックキングのクリアの表現、略してBKクリアの愛称を募集していましたが

ツィッターで実施した投票の結果「紺碧」に決定しました。

紺碧とは

ちなみに紺碧とは次のとおりです。

紺碧(こんぺき)とは、真夏の日差しの強い青空の色のような深く濃い青色のことです。濃い青色の『紺色 こんいろ』と強い青緑色の『碧色 へきしょく』と青を表す文字が繰り返されていることから、「紺碧の空」「紺碧の海」のように濃く美しい青の表現によく使われます。

紺碧は海外では『アジュール(AZURE)』と呼ばれ明るく鮮やかな青のことですが、同じように空や海の色にも使われています。またアジュールはもともと宝石の「ラピスラズリ」に由来する色であり、この色が日本に伝わった際に『ラピスラズリ=紺色の碧=紺碧』と和訳してできた色名だと思われます。

ちなみに、ラピスラズリの色を意味する伝統色には『瑠璃色 るりいろ』や、ラピスラズリを粉末にした顔料の『群青色 ぐんじょういろ』などラピスラズリに関する色は他にもみられます。

伝統色いろは

紺碧の基本色は青と白

せっかくですので紺碧(コンペキ)のご紹介を行います。遺伝的にはブラックキング(BK)のクリアバージョンで色はです。

茶色くなったりすることはありません。ただし成長過程、飼育環境により色が薄くなったり濃くなったり虹色っぽくなったりと色の変化はあります。

紺碧は真っ黒に日焼けする

なお紺碧は基本色は青と白ですが日焼けにより黒化します。

完全に黒化すると真っ黒になってしまうためその場合にはブラックキング(BK)とほとんど見分けがつかなくなりますが適度に日焼けで黒化させるとブルーベースで虹のようなかなり魅力的な感じに育ちます。

それがこちら↓

かなり魅力的ではありませんか?アダルト化した際に色合いに濃淡がでてグラデーション状になるクリアザリガニの特徴がよく出ます。

紺碧の変わり個体

なお、紺碧(BKクリア)には稀に変わり個体も生まれます。

それがこれ↓

クリアザリガニなのにスパインが白です。

こういった表現は頑張ればもしかしたら固定化できるのかもしれません。クリアザリガニに関してはどういった表現なのかや発色原理など、まだまだほとんど誰も全く理解していないのが現状ですのでまだまだ改良の余地があります。