ザリガニ生息地の水が汚れてることが多いのは本当にザリガニのせいなのか?

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ザリガニは水を汚すとよく言われます。

しかし、ザリガニが水を汚すってすごく意味不明でずっと疑問に感じてたんですがこれっていったいどういう理屈なのでしょうか?そもそも水を汚すっていう観点からいえば全ての水生生物が糞尿をするので水を汚します。例えばフナなんかもそうですし亀なんかもそうです。

というかフナ(金魚)とか亀なんてザリガニの比じゃないくらい水槽の水を汚すのになぜザリガニだけが水を汚すかのような言われ方をするのか正直かなり意味が分かりません。

もしかして、ザリガニの体内から淀んだ汚水や緑色の液体が噴出して水を汚すって本気で考えてる人がいるんでしょうか?そんなの物理的にありえなくないですか?笑

ザリ色の水って何?笑

さらに「ザリガニが水を汚す」という件に関連して、池の水が澱んでるのはザリガニが侵入したせいだ!とかそういった澱んだ池の水のことをザリ色の水だ!!!とか意味不明なことを得意げに主張してる変な人がいます。ちなみに↓の池がザリ色の水らしい(笑)

覚えてる方は憶えてると思いますが、これは某オイカワマルさん(オイカワ丸に改名済)が引き起こした某騒動の際にツィートされた外来種アメリカザリガニが侵入してザリ色になった池の画像らしい(水が濁ってるのは雨天だからじゃないんだそう笑)です。

外来種の侵入によりたった1年間で在来の水草が食べ尽された!!!らしい
みなさんこのツィートを見てどう思いますか? 左;キクモ、ミズオオバコ、コナギ、イボクサ、イトトリゲモなどの水草

ザリガニが水を汚すのか公開実験

なお、色々ごちゃごちゃ言っても仕方ないのでズバッと結果を見せつけた方がよいかなと思ったので本当にザリガニが水を汚すのか公開実験を始めてみました。

ツィッターでリアルタイムで実施してます。最終的にどうなるか非常に気になりますね。正直当方自身本当にこの水槽の水が綺麗になるのか半信半疑です。

公開実験の水槽

ちなみにこちらが公開実験開始時点の水槽です。

窓際で水草を育成してたらずっと放置しすぎてカピカピに乾燥してしまったものです。そこに水道水を少し投入してザリガニも投入しました。

水草が枯れたり乾燥したり腐敗したりといった腐植物質(フミン酸)系の汚れがべっとりこべりついてます。正直スポンジで洗うのも大変なくらいです。

この汚れをザリガニが綺麗にお掃除するならば、ザリガニが水を汚すかどうかは置いといてとりあえず少なくともザリガニはお掃除屋だと言えそうですよね。

ザリガニは水を汚す!と猛反発してきた某お方

しかしここで登場してきたのは「ザリガニは水を汚す!」と猛反発してる某お方です。

反発というか、都合の悪い結果になったら都合が悪いので妨害したい感じかもしれませんね。

なんだか延々と意味不明な主張を繰り広げてぎゃあぎゃあ言ってるんですが、最初にいただいた上のツィートの

  1. ザリガニが水草をハサミで切る
  2. 植物がなくなると草食魚類が困る

この2点が非常に面白いです。というかすごく馬鹿馬鹿しいです。お前何にも分かってないじゃんって感じ。ザリガニのハサミには切断能力なんてないですし淡水の草食魚類なんてものは鮎くらいで普通の池などには存在しないです笑

ザリガニのハサミに切断能力などない

ちなみに勘違いしてる方が多いと思いますが、ザリガニのハサミには植物を切断するような切断能力はないです。しかし、外来種アメリカザリガニが水草を刈ることで自分に有利な環境を作り出すなどというヘンテコ論文が発表されていたりします。

論文なんてものは職業研究者が適当な自説をそれっぽく主張してるだけのものなので事実である必要なんて全くないのでこれはこれでいいと思いますが、ザリガニのハサミには水草を刈る能力なんてないのに水草を刈ると思い込んでる時点で信憑性ゼロですよね。

水草による水の浄化作用なんてほぼない

さらに、世の中の100%の人が何の疑いもなく信じ込んでると思いますが、水草による水の浄化作用なんてほぼないです。

理由としては植物は根っこから養分を吸収するので土壌に蓄積されている汚染物質を吸収できても水中の汚染物質を吸収することはできないからです。

なお、湿地などに生えてるヨシであれば高い水質浄化能力があるはずです。そもそも湿地の場合には水が浅くほぼ土壌と一体化してるからです。

水草に水質浄化作用がないなんて嘘だ~~って思うならば水槽にソイルを敷いて水草を植えて自分で検証してみたらいいじゃないですか。水槽の水は綺麗にならないですし肥料をソイルの中に埋めてあげないと水草はほとんど成長しません。なお、大磯砂などに植物を植えた場合には汚染物質は大磯砂の下に蓄積されますので植物がそういった汚れを吸収してくれますので例外もあります。

つまり、ザリガニにより植物が食べ尽くされると植物による水の浄化作用が働かなくなって水が汚れるぅぅぅぅ~~~~などと言ってる人がいますがそれ嘘です。

雨が降ったら周辺から排水や土砂などが流れ込んでくるような場所の水が単純に水草の浄化能力だけで透明で澄んだ状態で維持されるとか物理法則的に普通にありえないですからね。

浮草の水質浄化能力は凄まじい

なお、水底の土壌に植わってる水草による水質浄化能力なんてほぼ期待できないですが、浮草の水質浄化能力は凄まじいです。

勘のいい方だと既にお気づきだと思いますが植物は根っこから養分を吸収するんですが浮草は根っこが水中にあるのでダイレクトに水中の硝酸塩等を吸収します。

ドブ川からザリガニを全て駆除したらどうなる?

ザリガニが生態系を破壊して水を汚すと漠然と考えてる方は多いと思いますが、ザリガニが水を汚すならばザリガニが生息しているドブ川からザリガニを全て駆除したらそのドブ川は綺麗になるはずです。(ですよね?)しかしそんなことってありえると思いますか?

ドブ川は泥や植物が腐ったものなどが流入して蓄積して水も腐敗してるからドブになっているのであってザリガニが汚したからドブになってる訳じゃないです。

このドブみたいな水槽がザリガニにより綺麗になるならむしろ一生懸命ドブ川をお掃除して浄化してるのはザリガニだと言えませんか?

ちなみにザリガニはデトリタス食性の生き物です。これは定説。

デトリタスを餌とする動物をデトリタス食者(Detritus feeder)という。 デトリタスを動物の食物として見た場合、特に排泄物は他の生物の不用物であるから、エネルギー量としてはともかく、栄養面では偏っていることが多く、そのままでは栄養源としては不向きである。 しかし、野外においてはそこに多くの微生物が繁殖する。

wiki

ザリガニは水底の堆積物を食べるデトリタス食性があり腐葉土もよく食べる
当ブログでこれまでに何回も記事に書いてきましたので結構周知されてきたのではないかと思いますがザリガニには「デトリタス

水が循環してないと植物は育たない

まだまだ色々言いたいことはあるのですがこの辺で。色々勘違いしてる人が多いですが特に下の「1.水が循環してないと植物は育たない」を全く理解していない生物大好き系の人は多いですね。植物の栽培には関心がないから無知なんでしょうけど。

  1. 水が循環してないと植物は育たない
  2. 雨が降ったら田んぼから当たり前のようの除草剤が流出してる
  3. 水質がかなり汚染していてもザリガニは平気で生活できる
  4. 排水や土砂等の汚染物質が流入しない限り水域の水は汚れない
  5. 汚染物質が蓄積しがちな水が澱んだ場所をアメザリは好む
  6. 餌(デトリタス等の水底の堆積物)があるからアメリカザリガニは殖える
  7. 餌がなければアメリカザリガニはほとんど育たないし殖えない
  8. 流れがあって水の淀みのない渓流にはアメザリは生息していない

『ザリガニ生息地の水が汚れてることが多いのは本当にザリガニのせいなのか?』へのコメント

  1. 名前:おきでんん 投稿日:2021/04/13(火) 19:40:36 ID:805d2fd24 返信

    まあわかりますが、話の途中で私をブロックして逃げるのは違うのでは。。?
    せめてデトリタスが蓄積しない渓流にザリガニは生息しないということを
    はじめから例に挙げればそれで済んだ話でしょう?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/04/13(火) 21:19:29 ID:d174a3916 返信

      どういう日本語の読解力をしてたらこちらが逃げたことになるんでしょうか。まともな議論ができない相手に延々と付き合う義務なんてこちらにはないんですよ。それでもかなりお相手して差し上げたのになんだか上から目線ですし笑 相手に対して価値がある情報を提供できるか、できないか。あなたは私に対して価値のある情報をもたらしましたか?違いますよね。したがって総合的に判断してあなたと議論することは時間の無駄だと判断してブロックさせていただきました。

      これ以上説明する必要ってありますか?ブロックを解除して欲しいならあなたに価値があるってことを証明すればいいのでは?ブログ少し読ませていただきましたが初歩的なミスの連続で一行に成長してないように感じました。なお、ツィッターアカウントを開示してコメントしてきた点は評価してます。

  2. 名前:おきでんん 投稿日:2021/04/18(日) 00:33:29 ID:e92b869df 返信

    ブロックした時点で貴殿が逃げたことになると思い込んでいました。
    こちらは、あの時点ではまだザリラムズさんから教えていただいたお桶ヶ谷沼について調べている最中でしたので。。。上から目線に感じたのなら重ねてお詫び申し上げます。丁寧に言ったつもりですが口調がどうも癖がありますので。。。

    ちなみに私が言いたかったのは、このツイートの上のほうで
    人間による汚染が無い環境でなおかつザリガニがいる環境、人間による汚染が無い環境でなおかつザリガニが居ない環境、それらの二つの環境を比較して初めて水質の汚染は(あるいは何かの変化は)ザリガニのせいかどうかを判断できるのでは?、ということです。これらはザリラムズさんが小さな水槽だけで判断してはいけないというおっしゃるとおり、自然科学的な分析の手法であり、、、いやこれも上から目線になりますね、申し訳ありません。

    あ、ブロックは解除するかどうかはザリラムズさんにまかせます。
    それと私のブログは昔のものですし初歩的なミスがあるのであれば指摘してくださればありがたいです。といっても半分冗談の戯言が多いですから真に受けないでください笑。なおサボテンを実際に育てないとわからない情報ばかりなのでザリラムズさんにはあまり役に立たたないかとおもわれます。えっと、多肉マンは友達の友達でしょうか?かの人には私のブログなんぞ役に立たないから読まないようにとお伝えください。時間の無駄になってはいけません。

    >価値のある情報をもたらしましたか?
    たしか、最初に絡んだツイートでワラダンの色について言及いたしました。
    ツイートの文字制限では言葉足らずで丁寧に解説ができなかった可能性があるのでここで付け加えることをお許しください。要は、ワラダンの体表の黒色はメラニンであるため
    (メラニンは加熱しても変化しません、それはザリラムズさんの記事にて検証済みです)まずメラニンがないアルビノまたは白変種の個体を選抜するがあり(それは白い足をしている傾向にあります)、
    なおかつカロテン部分の発色である黄色部分を選抜によりオレンジから赤色に変化する可能性があるということです。ザリガニで例えるなら上から無理やり塗られた黒ペンキを除いて初めてイエローが確認でき(残念ながらホワイトだったらイエローを選抜する)、イエローから累代することでオレンジやレッドの選抜ができるだろうということであります。ワラダンの場合ザリガニとは発色のメカニズムが異なるのでまずメラニンを抜く為のアルビノか白変種の選抜という1ステップが必要になると思います。

    えーと、確かザリラムズさんが以前の記事に海外のインスタグラムから引用されましたオレンジと赤色の奇麗な発色のワラジムシはそのようにして作出されたと思われます。
    この手順を行えばその奇麗なワラジムシを海外から輸入する必要はございません。
    なおザリラムズさんの言う通り検証するまでは他人の言うことは信用するなとのことですので、私の言うことも鵜呑みにせずぜひ検証ください。
    これが現時点での私の提供できる有用な情報であります。以上です。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/04/18(日) 10:58:35 ID:a2870fab1 返信

      おきでんんさん

      なんだか色々と事実誤認が多いですね。

      1.アメリカザリガニは澱んだ水域を好みそういった場所に集まる傾向がある
      2.また澱んだ水域というのは流れがないのでゴミが溜まりやすい
      3.したがってザリガニが大量にいる(周辺から集まってきた)場所は水が汚れていることが多い

      という結果論にすぎないです。

      そもそもアメリカザリガニが水を汚すのであればニホンザリガニも水を汚すことになります。というか記事でも書いているとおり全ての水生生物は糞尿をするので実際に水を汚します。そしてニホンザリガニを飼育したことがありますが毎日水替えしないと水が汚れてすぐ死んでしまいます。

      あと水槽の実験が無駄などと言った覚えはないです。水槽の実験で何ら問題ないでしょう。なぜそれが無駄なのか意味が分かりません。研究論文なんかでも水槽内や試験管内で観察実験をしますよね。あれは全て無駄なのですか?

      なお水槽内の実験が無駄だということはないがたった一度や二度の結果だけでそれが真実だと思い込んだり自分が管理する小さな水槽の中で起きた出来事が全てだと勘違い(アクアリストが陥りがちなミス)するのは頭が悪すぎでしょう。

      科学に関心がある?ようなのでよく考えていただきたいのですが、水槽で何かしら生き物(例えばザリガニ)を飼育する場合に餌を一切投入しなければ水は汚れないということは分かりますよね?逆に毎日餌を投入すれば糞尿をするので水が汚れていく。物理法則的に外部からなんらかの有機物を投入しない限り水が汚れることはないんです。分かりますか?

      色変じゃないからいらないって理由で快楽的にザリガニを轢き潰す行為
      Twitterのフォロワーさんからおかしなツィートをされてる方がいると報告がありました。 そいえばあの日の事を

      ちなみにこの記事に出てくるサンショウウオの生息地に生息するザリガニですが、落ち葉などが腐敗した腐植系の水の汚れがありますがこれはザリガニが汚したものだと思いますか?またその場所にサンショウウオが生息しているということはザリガニにより水が汚染されて他の生き物が生息できなくなるとかいうよく分からない説の反証になってませんか?

      メラニンは加熱しても変化しません、それはザリラムズさんの記事にて検証済

      そんなことを書いた記憶はないです。また色変のワラジムシを加熱しましたが特に色の変化はないです。あと選別で~というのは全くそうは思いませんのでご自身で試してみてください。

      なおザリラムズさんの言う通り検証するまでは他人の言うことは信用するなとのことですので、私の言うことも鵜呑みにせずぜひ検証ください。

      なぜ当方があなたの意見を全て取り入れて実際に検証して真否を確認しなければならないのですか?あなたの意見であっても誰の意見であろうと興味を持てば言われなくとも検証しますが(実際今、色変のワラジムシを加熱する検証は行った)それ以外のことに関しては興味がないのでご自分の意見はご自分で検証するべきです。反論するのであればその結果をもって反論してください。

      よく分からない仮説だけで無責任にあれこれ言ってこれを検証しない限りお前の意見は間違ってるははっきりいって科学じゃないです。