自作ブラックキングの作出に世界初成功!

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

自作ブラックキングの作出に成功しました!多分世界初、人類初です!

シザー誕生物語

最初に少し前置きから~

ブラックキングとよく似たものにシザーというザリガニもいます。このシザーと今回の記事でとりあげるブラックキングは名前が違うだけで遺伝的に全く同じものです。ただしシザーに関してはclawさんがデタラメなデマな流しまくったのですごくイメージが悪い⤵ですよね。

このあたり踏まえて今回の記事を読んでいただけますととても面白いかと。いかにこのデマ発言の内容がデタラメなのかが分かるはず。

詳しい内容はこちら↓

シザー誕生物語(コメント欄もぜひご覧ください)
「シザー誕生物語」を絵日記風に作ってみました。よろしければご覧ください。ちなみに内容はかなり簡略化していたり話せない

自作ブラックキング

と、ここからが本題になりますが自作ブラックキングの写真をご紹介します。

それがこちらです↓

拡大↓

さらに拡大↓

真っ黒ですよね。漆黒とか世紀末覇者といった感じです。

なお、この黒は日焼けで黒化しているに過ぎないので屋内の暗い環境で育成するとこのように黒くはなりません。基本色は青です。これがブラックキング(=シザー)の仕様です。

自作ブラックキングの作出過程

で、みなさん気になるのは自作ブラックキングの作出過程だと思いますが、ヤフオク出品している自作ブラックキングの商品説明にも書いていますが次のとおりです。

コバルトクラーキー×クリアザリガニ

この掛け合わせでF3まで累代したら上でご紹介した自作ブラックキングが誕生しました。みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

なお、その際の注意点としては次のとおり。

  1. クリアザリガニに関してはブラックキングの血が入っていないものを入手
  2. コバルトクラーキーに関しては本家から直接購入したものを使用

1.に関してですが、両親のどちらかに既にブラックキングの血が少しでも入っていると黒化するメラニズムの遺伝は優性遺伝なのでどんな相手と交配してもF2かF3あたりでブラックキングが出てしまいます。しかしそれは作出ではなくただの先祖返りみたいなものです。

ちなみに現在当方がヤフオク出品してるクリアはブルー固定のクリア(紺碧)とそれ以外のクリアになりますが、どちらもブラックキングの血が入ってます。

したがってこういうものを使うとペアの相手方に何を使ってもF2かF3あたりでブラックキングが誕生します。ちなみにタイゴーストは大抵ブラックキングの血が入ってると思ったほうがよいです。入れてないとは明記されてないわけですから。

ブラック系クリア
黒ザリとクリアを掛けると、ペアによって産まれる稚ザリの表現がガラリと違うようです。当方でよくあるパターンが稚ザリ全部

コバルト×クリアF1

せっかくなのでブラックキングの作出過程に関して少し写真やブログ記事など記録が残っていましたのでご紹介しますとコバルト×クリアのF1はこんな感じでした。

原色に近い感じですね。若干コバルトというかブラックキングっぽさは出てますが。おそらくどちらも優性的な形質なんでしょう。

こちらの記事からの引用です↓

コバルトクリアのF2稚ザリが産まれました!
コバルトクリアのF2稚ザリも産まれてます。 メス 遺伝的にヘテロなんでしょう、何の変哲もない感じ

コバルト×クリアF2

次にコバルトクリアのF2はこんな感じでした。一部真っ青に育つものがいました。

こちらの記事からの引用です↓

コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2
コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2がアダルトサイズに育ちました。そして驚くことに真っ青に育つ個体がチラホラいま

なおこの記事でもチラッと書いてますがこの真っ青個体はコバルト要素がゼロですよね。既にブラックキングに近いです。

コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2
ヤフオク出品してましたレインボーかなり盛況でした。ある程度数を減らせたのであとは育成してみたいと思います。つきまして

順番が逆になりますがこの記事は上の記事の半年前に書いたものなんですが結構面白いことをチラホラ書いてます。コバルトもブラックキングも優性遺伝なんじゃないかとか。ちなみに今から3年前に書いたものですよ??もしかして自分って天才なんじゃって思いますね笑

コバルト×クリアのF2の成長後

そのコバルト×クリアのF2の成長後の写真がこちらです。本邦初公開です。↓

青の感じがコバルトクラーキーっぽくて尾の部分はクリアザリガニっぽいです。おそらくこんな感じがコバルト×クリアの両方の特徴が出てるハイブリッド的な表現なんだと思います。かっこよくいうならコバルトクロスクリアでしょうか。

コバルトクラーキーのF3

最後にコバルトクリアのF3になりますが、それが半年くらい前に書いた記事に続きますので詳しくはそちらをご覧ください。

コバルトクラーキー×クリアザリガニのF3が不思議なことになってます
コバルトクラーキー×クリアザリガニのF3が先月くらいに産まれていたのですがある程度成長してきたので様子を確認してみた

ブラックキングの発色原理も解明

今回自作ブラックキングの作出に成功したことを発表しましたが作出に成功したということは当然のことながらブラックキングの発色原理に関してもだいたい解明できたということです。

ただし内容はここでは書きません。

ちなみにコバルトクラーキーの発色原理の仕組みは数年前に書いた記事のとおりクラスタシアニン過剰生成なんですが、じゃあクリアザリガニは何なのってところは皆さん自身で考えてみてはいかがでしょうか?

コバルトクラーキーの色彩表現の仕組みを大公開
コバルトクラーキーについて記事を書いてほしいとの要望をいただきましたのでコバルトクラーキーのあの濃い青の発色の仕組み

「頭胸甲の側部が白いのがクリアザリガニの特徴」だとかそんな寝ぼけたことをいまだに言ってる人がいるのか知りませんがいまだにそのレベルじゃクリアザリガニの発色原理なんて絶対に理解できないと思います。

ブラックキングの黒は後天的に黒くなったもの

ちなみに最後に解説しておきますと、ブラックキングとはアメリカザリガニの黒くなる表現です。ただし、ブラックと名前が付いてはいますが成長したら必ず黒くなるというわけではなく日光に当てて育成するとメラニン色素が発達して成長に伴い真っ黒に育つというものです。

ちなみにシザーとブラックキングは同じものです。ただしシザーはclawさんがシコシコ作成した自作証明書のないものは偽物だという扱いになっていたり、許可なくシザーという名称を使うとそれもまた偽物だとか言われかねないので当ブログでは統一してブラックキングという名称を使ってます。みなさんにもおすすめします。

シザーは劣化ブラックキング

そういえばシザーに関して「青く育つものはウルティマブルーで黒く育つものはジェットブラックで両者は別物である。そしてシザーを繁殖する場合にはこの両者の組み合わせが重要である」などという訳わからないデマを流してる変な人達がいましたね(苦笑)

シザーの累代にはウルティマブルーとジェットブラックが不可欠だという発言を検証
こちらの記事に以前書いた文章ですが↓整理のため独立させました ジェットブラックとウルティマブルー