jinxさんから譲って頂いた有名なザリガニのF1とは?笑

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

まずはこちらのツィートをご覧ください。

たまたま見かけてしまって気になったので「F1ってどういう意味?」ってザリガニ初心者さんにDMでこっそり質問したんですが回答していただけないようですし変に誤解してる人がいて迷惑なので取りあげてみますか。コメント欄には毎度おなじみの面々もいたりして面白いのでコメント欄まで是非ご覧ください笑

ザリラムズは質問に回答できず逃げ回ってるらしいので質問を受け付けてあげた
すごくどうでもいい話なんですがTwitterですごく面白いネタができたので一連のやりとりをまとめてみました。ザリガニ
ウルフガングさんが作出したことになっているヴァイスハマー(アクアライフに掲載)
「ヴァイスハマー」というザリガニに関してなんだかよく分からないおかしな騒動がぶりかえしているようですね。ちなみにきっ

F1ってどういう意味なのか?

まず、元ツィートのF1って色んな捉え方ができると思うんですがみなさんどう考えましたか?

jinxさんから譲って頂いた、有名なザリガニのF1です。

この「F1」って部分です。

当方はF1ってことはjinxさんが採集された千葉と大阪のWILDブルーの掛け合わせにより誕生した子供のことかなって思ったんですが違うんでしょうか?

ちなみにF1とはWD×WDにより誕生した第一世代の子供のことを通常差します。

コメント欄に書き込みしてる人はなんか勘違いしてない?

しかしコメントしてるウルフガング君なんだか勘違いしてないですか?笑

って言いますか、ザリガニ初心者さんもこの返答なんだか変ですよね。

もしかして冒頭で紹介した「F1」ってザリガニ初心者さんは違う意味で言ってるの?

jinxさんから譲って頂いた、有名なザリガニのF1です。

以前書いた『シザー誕生物語』では下のように

clawさんはF2の繁殖に成功してjinxさんはF2を取れなかったと書いてます。F1に関してはそこに書いているとおりjinxさんは成功してるんですよ。

いやそういうことじゃなく実はjinxさんはF2の繁殖に成功していてそのF2をザリガニ初心者さんが譲り受けたってザリガニ初心者さんの返信を見てると言いたいようにも見受けられますがそうだとしても色々とかなりおかしくないですか?矛盾を感じないのかな?

自分が採集したWDの孫世代をF1って言うか?

仮にjinxさんがF2の繁殖に成功していて、その子供をjinxさんがザリガニ初心者さんに提供したってことだとしたらその場合絶対に「これは千葉と大阪のWDブルーを掛け合わせたF2です」っていうようなことを言うはずなんですよね。

当ブログが繁殖に失敗したと書いてる「F2」とはjinxさんからすると自分が採集したWILDザリガニの子供の子供で孫世代となります。それなのに、採集した本人がそれを「F1」だなんて言いますかね?

jinxさんから譲って頂いた、有名なザリガニのF1です。

シザーと命名後に入手したシザーの子供では?

シザーはjinxさんが採集した産地の異なるWILDザリガニを交配して誕生したF1の真っ青個体をjinxさんがclawさんに無料でプレゼントしてその後claw宅で産まれた子供です。

jinxさんはF2を取れなかったけどclawさんはF2を取れてるんだから普通に考えたらjinxさんはclawさんからclaw宅で産まれたF2の融通を受けますよね。

常識的に考えたらそうやってjinxさんが入手したザリガニの子供をザリガニ初心者さんがもらったのでは?

多分「シザーの子供です」みたいな感じで言うはずです。自分がjinxさんだとしてもそう言ううはずだからです。それをザリガニ初心者さんがシザーのF1って勝手に思い込んでるだけなんじゃないんでしょうかね笑

自分が嘘ついたことになってる???

ここまで読んでいただけましたら元ツィートが言ってるF1ってちょっとおかしいってみなさんも思うはずです。

しかし、ザリガニ初心者さんのツィートを読んで当ブログが書いた『シザー誕生物語』とは内容が違うからザリラムズは嘘つきだ!ザリガニブログに書かれてることは全部デタラメだ!とかなんとか言ってる変な人がいるんですよ~

爆笑してしまいましたが笑

当方はjinxさんと交流があり、そのjinxさんから伝え聞いた内容を『シザー誕生物語』にまとめただけです。そのjinxさんから伝え聞いた内容が間違ってるってことでしたら嘘つきは当方ではなくjinxさんになりますよね。

もしかしてウルフガングくんの言ってる「名前を言ってはいけないあの人」ってのはjinxさんのことですか?表向きシザーはclawさんが作出したってことになってるので「jinxさんの名前は出してはいけない」とclawさんから命令されてるのかもしれませんね。

だから名前を言ってはいけない人になるんでしょうか?🤔

あの辺の界隈って上下関係どうなってるの?

そういえばあの辺の界隈って上下関係どうなってるの?

間違いなくウルフガング君は自称大御所K&Gさんより下の扱いになってるかと思いますが~、clawさんよりも下って扱いになるんでしょうか?そうではなく逆にウルフガング君のほうがclawさんより上なんでしょうか?気になりますよね。かなりどうでもいいですが🤣

そういえば当ザリラムズが活動を開始する以前の話ですがザリガニパンチは自称大御所K&Gさんからかなりぞんざいな扱いをされてましたよね。覚えてる人は憶えてるかも。

資金力がないザリガニパンチなんて大阪商人K&Gさん(ザリガニ規制されたのでワラダン転売屋にいち早く転身した)からすると利用価値のないゴミみたいなもんだからしょうがない気もしますが笑

ここまでしっかりとわざわざ時間をとってこちらは長い文章で論理的に説明してるんですからザリガニ初心者さん以下その周辺の人達は当記事を読んで意見があるならば当記事に直接コメントください。お相手して差し上げますよ笑

『jinxさんから譲って頂いた有名なザリガニのF1とは?笑』へのコメント

  1. 名前:あぶ! 投稿日:2021/07/28(水) 21:33:54 ID:7e5cdbf96 返信

    お久しぶりです!ザリガニ村の闇関係の記事など、相変わらず楽しませてもらってます!あぶ!です!

    記事とはあまり関係の無い質問で恐縮なのですが、以前から気になっていた事で、もしかしたらラムズさんなら何かご存知かもと思い、コメントしました

    内容なんですが、主に台湾や東南アジアで品種改良、ブリードされているシュリンプやザリガニ、ベタなどについてなんですが・・なんと言うか、やたらカラフルでド派手すぎやしないか?本当にこんな派手派手な色を自然な交配のみで出せるのか?と言う事です

    以前チラッと日本では禁止されているホルモン剤のような物が海外では平然と使われていると言うような話も聞いた事があるので、実はあのド派手な色のシュリンプやベタやザリガニは自然な交配により作り出されたのではなく、ホルモン剤などを使って作り出したのではないか?と思えてならないんですよね・・

    特にベタなんて、元になったワイルド種とは比べモノにならないくらい派手な色の品種が出回っているので(鯉カラーなど)、そう思えてならないんですよね・・・

    記事と関係無い上に無知な質問で申し訳ないですが、是非お返事お願いします!

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/07/29(木) 16:48:11 ID:1b4f6aab0 返信

      あぶさんこんにちは!

      確かにシュリンプとベタの品種改良は凄すぎますね。特にシュリンプ。ただそれを言ったら金魚とか錦鯉も本来のフナとかコイの原色からは大きくかけ離れてますしあれもおかしいことになってしまいます。

      あと当方は残念ながら捜査機関ではないですし特になんの権限もない一般人ですのでお役に立てないかなと思います。

      なお、おかしいおかしくないの判定としてはアドバイスできます。本来有さない発色をしている場合にはかなりあやしいと思います。例えばフナには赤黒黄色の色素はあるようですが青の色素はないようです。したがって青い金魚が登場したらそれはありえないので何か裏があるはずです。ただし、もともと有してる赤黒黄色に関しては近親交配を重ねて色を濃く改良することができます。もともとフナが有してる赤の色素なんてごくわずかでしかないはずですが人間が改良することで正当な「進化」が可能でこれはおかしなことではないです。

      これと似てるのがちょっと前にツィッターで大騒ぎしてる人がいたグリーンのザリガニです。グリーンのザリガニはちょっと前までツィッターで新品種だとか大絶賛されてましたが当方からしてみればザリガニには緑色の色素なんてないですし黄色の色素もないです。したがって緑なんて実現不可能なのでそんなの着色ですよと指摘したらキチガイさんたちに大バッシングされたんですが(苦笑)ザリガニの色素に何色があるかもわからないど素人さんが当方に意見するのは結構ですがあなた何を根拠に言ってるのって話ですしツィッターってちょっと知ってる程度の人が有識者顔してますしレベルが低すぎてかなりひどい界隈ですよね。

      だいぶ話がズレましたが。なお個人的に黄色いシュリンプの発色原理は謎です。甲殻類に黄色ってあるのかな?って感じがしてます。交雑やらでごちゃごちゃになっててあり得ないことになってるのかなって思ったりはしますが。

  2. 名前:あぶ! 投稿日:2021/07/29(木) 18:52:11 ID:17ebdaee8 返信

    お返事ありがとうございます!

    いやいや!何を仰いますか笑めちゃくちゃ役に立ってますよ!笑

    さすがの的確な分析&意見です・・・

    ベタは東南アジアで、ルリーとかチェリー系シュリンプは台湾なんかでメインに改良、ブリードをやってるみたいですし、何らかの薬品や遺伝子操作をやってたりするんじゃないかなぁとか、疑いたくなるくらいに色鮮やかですもんねぇ

    ベタに関しては鯉ベタのジャイアントを1匹飼育してますが、まあカラフルな事笑

    グリーンのザリガニ・・そんな騒ぎがあったんですね・・知りませんでした・・・
    今グリーンザリガニでちょっと画像検索かけて見ましたが、確かに言われてみたら全体的に綺麗なグリーンで、違和感あるなぁと・・・

    しかも公開してたのが例のキッズグループの・・・笑

    金魚や錦鯉なんかは中国や日本でとんでもなく長い時間かけて改良されてきた歴史のある魚なんで、あれだけ色々な品種や色があるのもわかりますが、ベタやシュリンプの改良の歴史なんてそれに比べれば短いのに、あれだけの色や品種があるのもなんか引っかかるんですよね・・・

    甲殻類で黄色って無いんですか・・
    とするとイエローチェリーシュリンプのあの綺麗な黄色・・・なんかちょっと勘ぐっちゃいますね笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/07/31(土) 10:02:08 ID:19d7a31f0 返信

      そうです。例のキッズグループです笑

      甲殻類に黄色の色素がないわけではないです。ザリガニにはないですがマリーゴールド色素みたいな黄色の色素を含む餌を与えるとクリアザリガニは黄色く発色します。

      シュリンプは結構謎ですよね。もう学名すらよく分からない感じになってますよね。

  3. 名前:あぶ! 投稿日:2021/07/31(土) 16:45:16 ID:b1943aa0f 返信

    実は彼ら関係のザリガニ村の闇記事も期待してるんで、近いウチにぜひ!笑

    そういえばありましたね!黄色くする餌!

    ビーシュリンプしかり、まともな研究もされてないらしいですから、生物学的には「謎の」エビらしいですね

    個人的にベルベットブルーシュリンプやイエローチェリーシュリンプはまさに宝石のようで大好きなシュリンプなんですが、なんだかよくわからない種類のエビが平然と流通しているのも面白いですよね笑

    まあアクアリウム界隈はそうゆうの昔から多いですけど・・

    余談なんですが、ザリガニをチェリーシュリンプ系のような透明感ありつつも濃い色や、レッドファイヤーシュリンプのようなベッタリとした明るくも濃い感じの赤、またはレッドビーのようなカラーリングの方向性に改良して行く事って出来るんでしょうか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/07/31(土) 16:53:44 ID:19d7a31f0 返信

      レッドビーシュリンプは以前記事に書いた記憶がありますがザリガニ版紅白ゴーストだと思います。もしくはオレンジ白ヒゲ。

      シュリンプが変な交雑だとして自分は別にいいと思います。交雑を鬼のように叩く人がいますが自然界でもごくまれにですが交雑は発生してることですし、ただ、基本的に書け戻しとかしないと繁殖能力がないのですぐ死に絶えますが。クサガメとイシガメの交雑種ウンキュウもこれと同じなんですが寿命が長いので目立ってしまうのと変な人達に見つかってしまっておかしなことになってますね。

      ザリガニをチェリーシュリンプのように透明感ありつつ濃い色ってのはブルーのクリアだったりオレンジのクリアじゃないかなと思います。近親交配で累代することでより進化するかどうかは不明ですがどうなんでしょうね。フロリダブルーも近親交配したところで濃くはなりませんでしたし。

  4. 名前:あぶ! 投稿日:2021/07/31(土) 19:32:38 ID:b1943aa0f 返信

    あぁ!そうですね!確かにそうだ・・失念してました笑

    あの紅白ザリガニ、まさにレッドビーシュリンプのザリガニ版ですね

    ミナミヌマエビとシナヌマエビが混雑して〜、とか、色々ありますもんね・・

    個人的には種としての違いがほとんど無く、収まるニッチがドンピシャで、環境への影響が無いなら声を大にして言えないにしてもいいんじゃないか、仕方ないんじゃないかとは思うのですが・・・

    もちろん好ましい事では無いのは百も承知してますけど、自然の対応力ってすごいものがありますし、それを受け入れる寛容さはあると思いますし、そう簡単に破綻するものでもないんじゃないかと思っているのですが・・・

    ドジョウの放流の人とかみたいな「自称専門家」みたいな方たちですよね・・・笑
    彼ら、用はあれが商売な訳ですもんね笑

    やっぱりラムズさんもそうお考えでしたか!
    ブルークリアとかオレンジクリアとか、チェリーシュリンプみたいだけど、もしかしてザリガニとシュリンプ色合いは若干違えど同じ原理の発色をした品種なのかなと思ってたんですが、ラムズさんから聞くと納得出来ますし、説得力ありますね!

    変な質問で申し訳ないんですが、ラムズさんはこの先、ザリガニのカラーや表現に関してどんなのが出てくる、とかどんな表現が出てくるとお考えでしょうか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/07/31(土) 19:52:49 ID:19d7a31f0 返信

      変な質問で申し訳ないんですが、ラムズさんはこの先、ザリガニのカラーや表現に関してどんなのが出てくる、とかどんな表現が出てくるとお考えでしょうか?

      おお、すごくいい質問ですね!笑

      原色と交配して出てくる原色との中間タイプがもっと出てきていいと思います。固定化するのはかなり大変ですが大昔に記事に書いたようなワイルド色変のオレンジっぽい変なのとか紫っぽいのとかああいうのが色々出てくると思います。

      あとはコバルトの進化白ヒゲバージョン、BKの進化白ヒゲバージョン、コバルトのゴーストなどなど、既存の色彩変異の仕組みを表に書いてまとめると結構抜けてるところがあります。さらにホワイトザリガニの薄っすら色があるもののバリエーションも作れますね。

  5. 名前:あぶ! 投稿日:2021/07/31(土) 20:33:11 ID:b1943aa0f 返信

    やっぱり同じ甲殻類のシュリンプがあれだけいろんなバリエーションがある以上、ザリガニにだって作る事は出来るでしょうし、合って然るべきですよね!

    個人的にはワイルド色変の紫っぽいやつとか、ホワイトのうっすら色があるやつはかなり好みです

    あとはより鮮烈な感じの赤とか・・これは近いのがいるんでしたっけ?

    さらに個人的な事言うと、グリーンザリガニは見た目的には割と好きですね笑

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/08/01(日) 10:35:30 ID:571936186 返信

      ワイルド色変っぽい感じ自分も大好きです。あとグリーンも好きですね。ちなみにこのどちらもクリアです。

      グリーンは新品種とか訳わからないことをいいだすキッズがいなかったら普通にグリーンの着色ザリガニとして広く受け入れられたんじゃないでしょうか。