生クロレラの小分け転売は禁止&転売屋「和香」の生クロレラはクロレラ工業製ではなく外国製

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ご存じの方はご存じかと思いますが、ヤフオクやメルカリ、amazonなんかで小分けされた生クロレラを転売する行為が横行してます。例えばこういうの↓

引用元

しかし、生クロレラを小分けして転売する行為はメーカーから禁止されてます。

クロレラ工業株式会社

禁止されてる理由としては、クロレラ工業が製造して観賞魚・熱帯魚の飼料ブリーダー通信販売サイト(運営元:太平洋貿易株式会社)などで販売されている生クロレラ(こういうもの↓)を

購入した個人が自宅で保管してそれを小分けして別の容器に詰め替えて常温発送などされるとメーカー側としては品質を保証できないかりでなく、そうやって転売された商品のせいでメーカー規品の品質まで疑われる始末となり大変迷惑だからです。

つい先日もこんな騒動がありました↓

公認純正品だと偽って生クロレラを販売している

しかし、自分だけは特別にメーカーから公認されている「公認純正品」の生クロレラだと偽ってヤフオクやメルカリで小分け転売している転売屋がいます。

それが当ブログに度々登場している転売屋「和香」です↓

引用元

ちなみにクロレラ工業株式会社に直接電話で問い合わせしてますが「和香に対して公認などしていない」とのことですし「小分けしている時点で例外なくホームページでも勧告しているとおり禁止」だとのことです。当たり前と言えば当たりまえですよね。

また仮に転売屋「和香」がどこか別の会社から生クロレラを仕入れていたとしても、小分けして常温発送してる時点で品質の保証なんてできないのにメーカーから公認されてるから安心だと言えるんでしょうか?

転売屋「和香」

ちなみに転売屋「和香」に関しては以前から度々当ブログで取り上げていますが、

ヤフオクでそだてーるを落札する場合には詐欺に注意!!
2019/10/1追記:本文中に登場する悪質なヤフオク出品者「和香めだか(なごやかめだか)」さんがヤフオクIDを変更
最も簡単なゾウリムシの培養方法とゾウリムシを使用する際の注意点
以前適当に書いたこちらの記事数千アクセスくらいあり地味に結構人気です↓ せっかくなので関連記事というこ

当ブログに取り上げられるたびヤフオクのIDをコロコロ変更しています。なぜ?

転売屋「和香」の生クロレラは韓国製

なお、転売屋「和香」がヤフオクやメルカリで公認純正品だとして販売している生クロレラがいったい何なのかを転売屋「和香」に直接質問してみたところ外国製のものだということでした。

引用元

ちなみにこの外国製がなんなのかといいますと、韓国のデサン(大象)社が製造して日本の有限会社アイエスシーが国内販売しているもので間違いないでしょう。

2021.8月追記:有限会社アイエスシーが国内販売している韓国製で確定です。

自由に小分け販売可能は生クロレラ

なお、この有限会社アイエスシーが販売している生クロレラに関しては自由に小分け販売が可能なんだそうです。有限会社アイエスシーに直接電話して確認してます。

ちなみに返ってきた回答としては「自由に小分け販売してください、ただし当然あなたが販売したクロレラに関して品質の保証はできません」っていうスタンスなようです。ただの販売代理店ですしそんなものでしょう。

転売屋「和香」はこの有限会社アイエスシーから自由に小分け転売していいって言われたことを「メーカーから公認されている」だと曲解して商品説明に記載しているようです。

引用元

しかし有限会社アイエスシーはメーカーではなく販売代理店です。販売代理店から公認を受けているのをメーカー公認と記載するのは事実に反すると思うのですが。

ちなみに金魚の飼育用品で有名な三卯養魚場ではこの有限会社アイエスシーから仕入れたクロレラの取扱がありますので正々堂々と生クロレラの小分け転売をしたい方三卯養魚場から韓国のデサン(大象)社製の生クロレラはどれかを問い合わせてそれを購入して小分け販売したらいいんじゃないでしょうか。

ただし当ブログではあくまで日本メーカーであるクロレラ工業株式会社製の生クロレラをおすすめしますがそもそもメダカの飼育に生クロレラなど不要ですし個人がちょこっとミジンコ培養する程度で生クロレラなんて全く必要ないと思いますけど?

生クロレラV12(500ml)オンライン限定販売 - 観賞魚・熱帯魚の飼料 ブリーダーオーダーサイト(運営元:太平洋貿易株式会社)
観賞魚・熱帯魚の飼料オンラインショップ

ちなみに有限会社アイエスシーではいろいろ変わったものが販売されているのでヤフオクやメルカリで変わったものを小分け転売して一儲けしたいな転売屋さんには結構面白い会社なんじゃないでしょうか。

国産と韓国産クロレラは品質が違う

なお、ここがかなり重要なんですが、前述のとおり韓国のデサン(大象)社製の生クロレラは小分け転売は禁止されてないので自由に転売可能ですが、同じ生クロレラといえどクロレラ工業株式会社製の生クロレラとは株が違うため品質が異なりますので要注意です。

以下クロレラ工業株式会社のホームページからの抜粋です。

豊富な栄養素を含む品質の高いクロレラを安定的に大量培養するには、高い技術力が求められます。同じクロレラの株を使っても、培養方法によって含まれる栄養素が変化します。クロレラ工業では、50年以上の研究から導き出したノウハウや継続的な技術革新によって、現在では培養するクロレラの細胞サイズや栄養素の含有量レベルまでコントロールできるようになってきています。培養から製品化まで全ての工程を日本国内で行なっているクロレラ専門工場を持つメーカーはクロレラ工業だけであり、当社独自のチクゴ株と、その研究開発をベースにつくられた高品質なクロレラは、福岡県筑後地方で作られていることから、「CHIKUGO MADE」クロレラとして世界で高い評価を受けています。

引用元

クロレラには株というものがあり株が異なると性質が異なるんだそう。

ということは、転売屋「和香」がヤフオクやメルカリなどで小分けして転売している外国製の生クロレラはクロレラ工業株式会社が製造したクロレラとは異なるということです。

さらに有限会社アイエスシーは少し小耳にはさんだですが現状月2回しか韓国からクロレラの輸入を行っていないんでそう。ということは以下の疑問が生じます。

  • 消費期限は通常1月から1月半だが月2回しか入荷がないそうだが鮮度的に問題ないのか
  • 輸送時と保管時にしっかりと5度以下で管理されているのか

ちなみにクロレラ工業製のクロレラは代理店から購入してもクロレラ工業の冷蔵倉庫から直送されます。さらに発送はクール便のみで常時5度以下で管理されています。

転売屋「和香」が販売している生クロレラは色々とトラブルやクレームが多いと聞いていますがそういうことなのかもしれませんね。その都度メーカーのせいにして自分は知らんぷりしているようですが。