ザリラムズ一覧

ザリガニの脱皮不全は栄養不足が原因ではない

飼育してるザリガニが脱皮不全で死ぬことがあります。その際、なんらかの栄養不足により脱皮不全になったのではないかという考える方がいらっしゃるようですが栄養不足によ

記事を読む

クリアザリガニの分離に成功(原始系クリアザリガニ)

最近ほとんど流通しなくなってしまいましたが2年くらい前に当方が頻繁にクリアザリガニをヤフオク出品していました。他の方も出品してましたが。 その当時出品して

記事を読む

エアレなしのビオトープでザリガニ飼育

ザリガニは屋内水槽や屋外のプラケなどで飼う方法が一般的です。しかしそれだけじゃなくエアレなしのビオトープ飼育もけっこういいですよ~というのが今回の記事です。

記事を読む

ホワイトクリアが産まれました!

ホワイトクリア(らしきもの)が産まれてました! 透明感があってなかなか綺麗ですね。 オレンジクリア(らしきもの)も産まれてます。

記事を読む

ザリガニのTLの意味についてまとめました

皆さんご存じのとおりザリガニのサイズは「TL何センチ」と表記するのが一般的です。 ちなみに「TL」とは total body length の略で要す

記事を読む

埼玉県産レインボー、コバクリ、BKGなどヤフオク出品中

気付いてる方は気づいてると思いますが、先週あたりからいろんなザリガニをヤフオク出品中です。既に20点くらい終了しましたがまだまだ出品中です↓ それぞれ商品

記事を読む

ヒキガエルは両生類だが海水耐性がある

海に生息する両生類はほとんどいないです。全くいないと言っていいかもしれません。 理由としては両生類は海水耐性(塩水耐性)がなく海水の中だと浸透圧の関係で体

記事を読む

白化部分が広がって進化した白ヒゲザリガニ

白化部分が広がって進化した白ヒゲザリガニの子供をヤフオク出品しました! 父ザリ まず最初に白化部分が広がって進化した白ヒゲザリガニの父ザリか

記事を読む

ナミワラジムシ(Porcellio scaber)が個人的に熱い

ナミワラジムシ(Porcellio scaber)が個人的にちょっと熱いです。 ちなみにナミワラジムシ(Porcellio scaber)とは日本全国各地

記事を読む

パステルブルーの稚ザリなどヤフオク出品

いろいろ稚ザリをヤフオク出品しました。 パステルブルー まず最初にパステルブルーです。ブラックキング×ゴールデンキングの掛けあわせで累代してる血統で

記事を読む

函館周辺に生息するエゾヒキガエルは国内外来種ではない可能性

北海道に生息するエゾヒキガエルはアズマヒキガエルの国内外来種だとされています。 引用元 しかしそのエゾヒキガエルの歴史について調べていくと「函館周辺

記事を読む

アメリカザリガニのオレンジ白ヒゲ

アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)のオレンジ白ヒゲです。 拡大↓ そしてこの写真のメスとオレンジ白ヒゲのオス

記事を読む

最も簡単なゾウリムシの培養方法とゾウリムシを使用する際の注意点

以前適当に書いたこちらの記事数千アクセスくらいあり地味に結構人気です↓ せっかくなので関連記事ということで「ゾウリムシ」に関する記事も書いてみます

記事を読む

オレンジクリア(オレンジグラデ)の子供が産まれましたのでヤフオク出品します

オレンジクリアの子供を出品しますので簡単にオレンジクリアをご紹介します。 右側の赤いのがそのオレンジクリアです↓ 以前の記事で書いたとおりオ

記事を読む

ラバーダッキーの飼育方法について英語検索した内容を翻訳

ラバーダッキー(Cubaris sp. Rubber Ducky)というダンゴムシの飼育方法について英語で検索した内容を翻訳してみました。ちなみにアンバーダッキ

記事を読む

白勝ちゴーストを使ってピンクザリガニは作れるんじゃないか

以前の記事でピンクザリガニは外骨格だけが白のゴーストだと書きました。 外骨格のみが部分的に色素が欠乏していてボディの内側は色素が欠乏していない状態

記事を読む

Cambarus rusticiformis(ラスティシフォーミス)の生息地・繁殖方法について調べてみました。

ツィッターのフォロワーさんがCambarus rusticiformis(Depression Crayfish)の繁殖にチャレンジされてるようで少し気になった

記事を読む

水草や落ち葉を与えることでザリガニの「青の色揚げ」が可能

「ドワーフザリガニに落ち葉を与えると茶色くなる」、「ミステリークレイフィッシュ(マーブルクレイフィッシュ)に水草を与えると茶色くなる」 こういうことがよく

記事を読む

海外サイトからワラダンの飼育に関する情報を収集してみました

日本では忌み嫌われることの方が多いかもしれませんが、海外ではワラダン(ワラジムシやダンゴムシ)はペットとしてかなり人気で Youtubeで「isopod」

記事を読む

植物防疫法の輸入規制について解説してみました

植物防疫法とは、生きた昆虫類などを海外から輸入する際の法規制です。生き物飼育者の方でこの内容を熟知している方はかなり少なくしたがって生き物界隈では密輸が蔓延して

記事を読む

【密輸】エビガニが密輸ダンゴムシをヤフオク出品【Armadillidium pulchellum】

最近何かと話題のワラダン密輸マンエビガニ(イモガニ)が 植物防疫法により輸入が禁止されているダンゴムシ(Armadillidium pulchel

記事を読む

エビガニは今後ナイトメアやマジックポーションなどは外来種だから販売しないんだそうです

いつもの漫才コンビがまたまたおかしなことを言ってるみたいですね。 それがこちら↓ 貴方が販売してるクマワラジは外来種では無いんでしょうかね?

記事を読む

覚せい剤を輸入してその荷物に税関の検査済印が押してあるからこれは正規輸入だと言い張ってるのと同じ

植物防疫法の規制の仕組みを理解していない方が多いようですが(大半の方は知らないのが普通なのでしょうがないと思いますが)、正規輸入だといえるのは非検疫有害動植物を

記事を読む

抱卵したザリガニメスの管理方法

たまに質問をいただきますが今回は「抱卵したザリガニメスの管理方法」について解説します。保存版です。なお、ザリガニ界隈では古くから次のような根強い噂があります。

記事を読む

自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人っていますよね。 こんなことを書くとまた顔真っ赤にしながらツィッターでぎゃあぎゃあ騒い

記事を読む

ウルフガングさんが作出したことになっているヴァイスハマー(アクアライフに掲載)

「ヴァイスハマー」というザリガニに関してなんだかよく分からないおかしな騒動がぶりかえしているようですね。ちなみにきっかけはこちらの記事です。 ちなみにこの

記事を読む

オイカワマルさんツィッターでの活動休止??

なんだかよく分からないんですがオイカワマルさんがツィッター活動休止(正確には一時休止?)なんだそうです。ツィッターで検索する限りどなたかにオイカワマルさんの職場

記事を読む

ブラックキングのクリア表現(BKC)をヤフオク出品

ブラックキングのクリア表現をヤフオク出品しました。 ブラックキング(BK)のクリア(Clear)表現、略して「BKC」です。 ちなみにブラックキング

記事を読む

フロリダハマーはペニンスラヌスではなく100%アレニー

「フロリダハマーはボブハマー氏が作出したペニンスラヌスのブルー固定種である」という説があります。しかしフロリダハマーはペニンスラヌスではなく100%アレニーです

記事を読む

リアルピンクザリガニの発色原理を解説

ピンクザリガニ(リアルピンクザリガニ)が一部の人たちの間で話題のようです。しかしピンクザリガニは当方が調べた限り3年前の2017年3月以前から既にアメリカで流通

記事を読む