クリアザリガニ一覧

原始系クリアザリガニの子供のその後

以前ヤフオク出品した原始系クリアザリガニの子供が成長しました。 ほったらかし飼育だったので欠損が目立ちますがよく見ていただきますと気づくと思います

記事を読む

クリアザリガニの分離に成功(原始系クリアザリガニ)

最近ほとんど流通しなくなってしまいましたが2年くらい前に当方が頻繁にクリアザリガニをヤフオク出品していました。他の方も出品してましたが。 その当時出品して

記事を読む

ゴーストザリガニの本物偽物騒動に対するK&Gさんの言い訳が意味不明

ん? どうやらこちらの記事に対する反論のようです↓ なお最初に断っておきますが、当ブログ記事のURLを載せないで自分達のめちゃくちゃ

記事を読む

WILD採集された色変ザリガニに純血など存在しない

最近「WILDクリア」というワードをたまに目にします。「WILDクリア」と言われるとなんだかよく分からないけど凄そうっていうイメージを利用して無責任にブランド化

記事を読む

ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツ

この記事は2018年3月に公開したものですがいろんなゴタゴタはもう過去のことなので不要部分を削除して再公開しました。 ヤフオク出品されてるクリ

記事を読む

とうとうオレンジクリアが出ました!

とうとうオレンジクリアが出ました! それがこれです↓ 特徴としては「クリアザリガニ」と「オレンジザリガニ」を足して2で割った感じです。ツイッ

記事を読む

ピカピカアメザリ?ペイントザリガニ?

コメント欄がかなり荒れてます。今回のピカピカアメザリ騒動とこの記事のコメント欄のやりとりをまとめた記事を作成しましたのでそちらも併せてお読みください

記事を読む

クリアザリガニの特徴「シャドウ」&パンプキン

クリアザリガニの変な個体を見つけました。 それがこちらです↑ めっちゃ渋い pic.twitter.com/WFv7qE3zd9 — ザリ

記事を読む

コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2

ヤフオク出品してましたレインボーかなり盛況でした。ある程度数を減らせたのであとは育成してみたいと思います。つきましてはヤフオク出品はいったん終了しました。

記事を読む

コバルトクリアのF2稚ザリが産まれました!

コバルトクリアのF2稚ザリも産まれてます。 メス 遺伝的にヘテロなんでしょう、何の変哲もない感じです。 オス メスとは違

記事を読む

クリアザリガニに関する記事いろいろ

クリアザリガニについてこれまでいろんな記事を書いてきました。古い順から並べていきますと次のとおりです。それぞれの記事の概要も簡単に添えてみました。

記事を読む

クリアザリガニの青固定?

先日記事に書いたブラック系クリアですが ヤフオク出品してますが固定カラーではないため売りにくいです。そして手も出しづらいんでしょうね。どう育つかさ

記事を読む

ゴールデンキング×クリアの稚ザリがメスしかいない?!

ゴールデンキング×クリアの稚ザリをちょっと前から時々ヤフオク出品してます。 こちらがその母ザリのクリアです。 この子供たちですが先週末確認し

記事を読む

癒乃さえりさんの自称オリジナルホワイトについて

癒乃さえりさんがオリジナルホワイトを作出?されたとのことですがあれのどこがオリジナルなんでしょうか? 既に2017年9月の時点で当方が同じようなものを作成

記事を読む

クリアザリガニの特徴・頭胸甲側部の色抜け

今回の記事はクリアザリガニの特徴についてです。 クリアザリガニはゴーストザリガニと比べて流通量が少なく、飼育者も少ないことからあまりその特徴がよく知られて

記事を読む

クリアザリガニには色揚げ餌不要

ザリガニの餌についてよく質問をいただきます。そこでザリガニの種類ごとにまとめてみました。 クリアザリガニは色揚げ餌は不要 クリアザリガニは色揚げ餌不

記事を読む

【追悼】種親クリアオス死亡

ずっと繁殖で使っていたクリアのオスが死んでしまいました。 繁殖させるときは4回に3回くらいの割合でこのオスを使ってました。それくらい気に入っていたオスです

記事を読む

クリアの色彩表現の分析考察

これまでいろんなメスとの組み合わせでクリアの稚ザリをたくさん出品していましたが、「成長した時に実際にクリアの表現が発現するかどうか」、「どのくらいの割合でクリア

記事を読む

ホワイト系クリア稚ザリ

下の写真はホワイト系クリアです。白ザリにしか見えないと思いますがクリアの因子をもっているため子供は白ザリにはなりません。 このホワイト系クリアの稚

記事を読む

フェイドザリガニ

純粋なフェイドザリガニというものを初めてみました。 うーん、実際に見てみますとゴーストとは全く違いますね。クリアともなんだか違うように感じます。

記事を読む